July 15, 2018

高哲典 - Akinori Taka - 



Travels

                 



drecom_eroom5session at 00:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 

May 03, 2018

LIVE! LIVE! LIVE! 2017 (17.06.17更新)

drecom_eroom5session at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 

December 13, 2017

【ピースフロムマインド】2015.12.13 発売!


ピース5


ピースフロムマインド
高哲典 -Akinori Taka-

1. 死んだ街で笑え
2. ニューヨークサブウェイブルー
3. ルートスゥイートホームにて
4. 風来坊ソング
5. トレイントーキングブルース
6. 輝いて見えるのはこれから
7. 夢の暮らし
8. 金髪のバイオリン弾き
9. スリッピン&スライディン
10. 愛すべき日々
11. ピースフロムマインド

★参加ミュージシャン

Dr / サンコンJr (ウルフルズ)
Dr / 山口人史 (THEWATTER)
Ba / 石指拓朗 (THEWATTER)
Ub / 佐藤亮平
Ag / ウエタケユキオ
Eg / 斉藤敬介 (DEUCE)
Vn / Reina Kitada
Cho / 島田さをり

recorded at 下北沢MAJIX
Engineer / 徳毛伸一
Mastering / 中村宗一郎 (PEACE MUSIC)

Jacket Design / handa koichi (PandA)
Special Thanks / Junichi Taniguchi、Ryota Miyasho (PandA)

猿小屋レコーズ (SGRC-003)
¥2000_(with tax)
 

※通信販売を始め、amazon、TOWER RECORDS、TSUTAYA等、大手レコード店でも発売中! 



 
 
 



drecom_eroom5session at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

May 15, 2017

the AT's Cookin '17


思うに、料理本を見ながらそのまんまに一品拵えるってコトは、音楽で例えると単なるコピーに過ぎないんだな。

その通りにやってその通りに仕上がるだなんて大した芸当とは思えないな。所詮誰かがあみ出した方法論に過ぎんもんな。

そう考えると自らの店を開業して、やって来たお客さんに独自の料理を振舞いつつ、それだけではどうにも飽き足らず、あろうことかトークにまでスパイスを効かしているってんだからコック長ってのは果てしなく偉大なんだな。

自らの味覚だけを信じて醤油を足し、砂糖を引き、赤味噌を加え、なんてやっているコトこそ、音楽で例えるとオリジナリティに繋がるんだろうな。

ところで「冷蔵庫の余り物が腐ってしまう前に簡単に何か作るか!」ってな心意気は一つずつ着実にレパートリーへと繋がっていくもんだな。

コレは音楽で例えるならカバーなんだな。中途半端に余ったニラと卵に世界一愛しているウインナーを加えて「ニラ玉ウイン」なんてな。

ハンブルグ時代のビートルズが仰ってなかったっけ、

「オリジナルを演るのはカバーを千曲レパートリーに加えてからだ」みたいなコト。

包丁とトングと塩胡椒でも買ってやり直してみるかな、振り返るヒマもないってな心意気でな。

でも同時に思うんだな、油はじく前にギターはじけってな。

ようやく6月頭から旅が始まるな。この5ヶ月間、ほとんど思う様には進んでなかったんじゃないかな。

去年末にたかだか2週間のアメリカ再訪を決めたんだな。たかだか、されど死んでから後悔しない為にな。

来年の今頃は何処でどうしてるんだろうな。

でも同時に思うんだな、生の感情恐れるべからずってな。

 

drecom_eroom5session at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)散文 

May 03, 2017

the AT's '17.5.3


東京に出て来た当初、腹筋ばかりしていた。「唄が巧く歌えます様に」なんて願いを込めていた。

上京して二ヶ月後、Zepp Tokyoへライヴを観に出向き、一人ダイヴを繰り返していた。音楽しかないと思っていた。

当たりどころが悪く、ダイヴを繰り返す内、知らん間に肋骨が折れていた。折れているコトに気付いたのは、10日くらい先のコトだった。

その間も腹筋は繰り返していた。その意地が今もあるのなら今後も安泰だ。

ジャスト26年前の5月3日、車に派手に吹き飛ばされ意識不明の重体だった。オレは信号無視をした加害者だった。

ところがどっこいすっとこどっこい、オレは果敢にも回復し懲りもせずにまだ生きている。

人生のボーナストラック、今日はもう一つの誕生日。

近頃は持ち前のスナック感覚でも駆使して料理に精を出している。

豚汁を作った。生まれてこの方、初めてゴボウさえ包丁で切った。

ありとあらゆる食材を鍋にぶち込み、足して足して自らのさじ加減だけで辛うじて完成まで漕ぎ着けた。

結果、味は散らばり放題、まるで「ギター6本重ね、ついでにオーケストラ18人呼んで来ました!」みたいな散らばり具合だった。

引き算の法則、音楽と料理ってのはやはり瓜二つなんだな。経験しないと分からないコトが信じ難いほど沢山ある。

眠気を吹き飛ばし動き続ける為、カレーを作った。豚汁にて学んだ引き算で余計なコトをするのは止めた。

本年度のプライベートなテーマはキマリだ、「洗い物が怖くて料理が出来るか」だ、

オールオーケー、まるで武士道のソレみたいじゃないか。

いつか線路脇で野垂れ死ぬ時が来たとて、最終的な勝利が掴めればそれでいい。

近頃は腹筋ばかりしている。太るなんて真っ平御免の最高峰、唱え続けている。

身体と精神を鍛え直したなら、まだ行ける。




 

drecom_eroom5session at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)散文 

April 27, 2017

the AT's Scrap Note vol.2


電車内では背中を丸めた爺ちゃんが手摺に掴まりどうにか立っている。

辺りを見回し空席を探すも空きはない。

座席を確保している呑気な連中は電話機を眺めたり、目を閉じたりしている。

そんな時、オレに出来るコトはイヤホーンで耳を塞ぐだけでは飽き足らず、アイマスクの類いさえ探すってコトだ。

「君はいつも怒ってるね」だとか「アンタはどうして人を見下すコトしか出来ないの」だとか、よく云われる。

「そんなんじゃ長生き出来ないよ」と誰かが云う。しかし何も関係無いってフリをして穏やかに見過ごすコトも出来ず、気付いた時には哀しみと憎しみを背負っている。

オレは怒っているだとか見下しているだとかの前に、哀しみ嘆いているだけなんだけどな。

4月も終わろうかってのにまだ寒い。原因は夜しか出歩いてないって部分だろう。

ところで先日、心の中にビルを持っている偉人に電話をかけた。ほとんど無意識にプッシュボタンを押していた。

加川良の話がしたかったし、なにしろこちとらの勝手な都合でお話がしたかった。

電話は繋がらなかったが、何日後かに折り返しがあった。それだけで嬉しかった。

今、ガラにもなくカラオケにでも行きたい気分。

いい曲を信じ難いほど沢山知っているし、そんな時「こころのなかのビルのお話」でも唄えたら楽しくて気がフレてしまうかもよ。



 

drecom_eroom5session at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)散文 

April 26, 2017

the AT's Scrap Note '17


なんで基本的に目と鼻と口しかないのに人間の顔はこうも違うんだろう。

答えは明快だ。

誰かの陰口と噂話をテーマにしてしか笑いを取れない連中の笑い声が耳に余る、

「アイツって◯◯みたいだよな!」「あの子ってこうらしいよ!」

トーンボリュームのコントロール方法さえ弁えず下品な会話があちらこちらで鳴り響いている。

そんな時、オレに出来るコトはただ一つ、イヤホーンで耳を塞ぎラジオを聴くってコトだ。

そんな連中の面構えを今一度確認してみろよ、答えは明快だ。

捻じ曲がった思考回路はそのまんま面構えに表れるモンだと思う。

オレの好きな人達はもれなく、どんなに悪そうな格好や面構えをしていても、その中に隠しても隠してもバレてしまう優し気な表情が宿っている。

ソレをオレは「ダンディズムの塊」と呼んでいる。

それに気付くコトも出来ない連中は「近寄り難い」の一言でいとも簡単に片付けてしまうだろう。

数え切れん経験を経て、いつかはオレもそこに辿り着きたい。


 

drecom_eroom5session at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)散文 

April 25, 2017

the AT's Drugs Talk '17


茶番劇の永遠なる四番バッターこのワタシ、相も変わらず素っ頓狂な場外ホームランを打ちまくっている内に知らん間に4月は過ぎ去ろうとしている。

歯車は一つずつ狂いだし、ガタピシと音を立てた後、遂に外れた四輪タイヤはそれぞれが別方向に散らばっていく。

なにしろ歌どころじゃない、生きる事からやり直しさ、シオンがスピーカーを突き破って叫んでくる。オレはいつだって新しい詩を作りたいだけなんだけどな。

こちとら思うに、まずはダウンタウンがこの世に存在してなかったらとっくに気がフレてたんじゃないかな。

その昔、お母ちゃんが呟いた言葉が今だって耳から離れない、「なんで基本的に目と鼻と口しかないのに人間の顔はこうも違うんやろな?不思議やで、ほんまに」 。

気が狂ってるってのと正常ってのはほんの紙一重だ、そんなモンは猿でも知っている次第だ


先日、「トレインスポッティング」の旧作と新作を立て続けに観た。

主役達の気持ちは分かるが、ドラッグをキメた時しか、酔っ払った時しか云いたいコトを云えない人間にはどうにもなりたくない。

望む望まざるに関わらず、気付けば観たいと思う映画のジャスト8.9割がドラッグ映画だ。ドラッグなど映画と本以外で観たコトもないのに。

去年12月、沖縄で共演した男が突然オレに聞いた、

「君はガンジャマンでしょ?」。

オレはその時ただ、ただこう思っただけだ、「そういう類いをガンジャマンって呼ぶのか?」。

オレにとってのドラッグとは?なんて考えてみる。手放したくないモノばかりだ。

なんで基本的に目と鼻と口しかないのに人間の顔はこうも違うんだろう。

精神科医の精神を鑑定してみたい、ソレってほんの紙一重なんじゃないかな。

今、寂れたボーリング場でストライクの数だけを無邪気に競い合いたい気分。

そんな時、すぐ近くに7インチ専用のジュークボックスなんてあれば嬉しくて気がフレてしまうかもよ。



29



drecom_eroom5session at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)散文 

April 06, 2017

the AT's Uncrowned King '17


そうです、それが運命でしょう
気にすることじゃありません
生まれて死ぬまでつきまとうのは
悩みというものだけなのですよ - 加川良 -


夕方に目覚めた瞬間、まず目に飛び込んできたのは加川良が亡くなったというニュースだった。

「ワタシに影響を与えてくださった男」ランキング紛れもないトップ5、病に死すってか。まるで笑えない。

去年2月、「ラブソング」という曲を初めてカバーした。場所は博多だった。

オレもそろそろ、この詩を心から理解して唄わせていただいても良いだろうなどと勝手に判断した。


北の果てから南の町へほっつき歩いて
なんと云われようとやめられないんだ
やめられないんだ


去年6月、下北沢で久方振りにライヴを観た。それは2016年度のマイベストアクトだった。

氏がその「ラブソング」を唄っている時、歌詞を思い出せない表情のままに間奏が長い事続いていた。

客席側から、その思い出せずにいるのであろう部分を唄い出したオレに氏が云った、「ありがとう」。

あれが最後になってしまった。腰を据えて話せる日が来ると勝手に判断していた。

奇しくも高田渡が死んだのと同じ4月に、69にして氏は死んでしまった。


おまわりさん、早く来て
悪い奴等をつかまえて
ロックンロールがやめられないんだ
悪い奴等をつかまえて


思うに、1970年代末までにほとんどの手法はやり尽くされた感がある。

後追い世代はそれ等を如何に巧みに現代に蘇らせるコトが出来るのか否かに過ぎない。

加川良同様、敬愛して止まない松本人志が語っていた言葉がいつだって耳から離れない、

「ガムがあって飴がある。飴の中からガムが出てくるという合わせ技は出来るが、単体のものは既に出尽くしている。それを分かった上で遅れて来た世代は新たなものを生み出していく必要がある。それが遅れて来た世代の宿命だ」。

芸事にもそれはそのまま当て嵌まる。

関係が崩れ、先駆者が死に、「私、妊娠したの」と久方振りに連絡を取った女が囁き、友人は両親を失い、行方不明のヤツは行方不明のままで、オレだけが何も変わらずに此処に居る様に思う。

正義が何処にあるのかも知らんままに。

先日、行方不明のままの友達にオレはメッセージを送った、「まずは生きといてくれ」。

返事はなくても別に構わない、いつかおどけて出てきてくれたならそれでいい。

後悔先に立たず、これも先駆者達が教えてくれた言葉だ。

久方振りにお母ちゃんに電話しようと思う。


 

drecom_eroom5session at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)散文 

March 21, 2017

ピースフロムマインド


さっきまで死者がいたその線路の上を

俺達は走ってる、何も知らない振りで


景色も見ずに画面の文字に吸い込まれてる眼

噂話と評価に惑わされて真実を探す手はもう止めるのか


ピースフロムマインド

棒読みのレジスター打ちと俺との間にも

ピースフロムマインド

いくつかの優しさはほしい


片付けられた死者の語りを今、聞いてる様な気分

争いは避けれない、色んなヤツが居るし


魂の操作方法記された本を買いに行こうとか思ったりしないで

その足で現実を踏みに行くさ


ピースフロムマインド

作られたヒットシンガーと俺との間にも

ピースフロムマインド

いくらかの優しさはほしい
 


 



drecom_eroom5session at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)