July 29, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.4


'20.07.29(水)

風が吹けばそのまま身体ごと舞い飛んでしまいそうなガリヒョロ具合で、7月さえ闇へと消えそうだ。

「本日は×××人感染」ってのはまるでオリコンチャートの様だ。クダラナ過ぎて閉口。

近頃は夕方に眠り真夜中に起床、コレが主流となりつつある。完璧に狂っている。1周遅れなのか先回りなのか、皆目見当も付かない始末。

むしろもう少しこのズレが進行すれば「21時就寝4時半起床」、すなわち、まったくもってのお爺ちゃんスタイル完成と相成るのかも知れないってな塩梅。

実行に踏み切れない情勢、計画も立てられない日々、トドメに連日の雨。「四方八方塞がれて抜け出せやしない」、勝手にしやがれ。

イカす本を読んでも、ニクい映画を観ても、たとえ教養を蓄えたところでてんで満足など出来ない。「で、貴様はどうなんだ?」の自問自答でまた振り出しに戻るだけだ。

最近、あの「マスク二枚配布」なる恐ろしき発想について改めて考えていた。「愚策」と辞書で引けば「マスク二枚」と出てくるべきあの異様さについて。

そんな中、「マスク8000万枚追加配布」なる両目玉を飛び出させるにはウッテツケのニュースが飛び込んできた。関わって得がある様な連中じゃない。気を付けろ、狂っているのはオレじゃない。

今週末、久方振りにDJをする。オレはクール且つポッピンなナンバーだけを回すだろう。

DJをする際、最も気を遣っているコトがある。

偉いのはその盤を探し出したオレでも、今この瞬間にその曲を繋いだDJでもなく、「クール且つポッピンなナンバー」を生み出したバンドそのものに他ならない。

その辺りを弁えてないディガーとは仲良くやれない。

もはや答えは出ている、
クール且つポッピンなモノ」を生み出し続けるしか道がない。


(730文字)

 


drecom_eroom5session at 09:21|PermalinkComments(0)│ │散文 

July 07, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.3


'20.07.07(火)

もう今年は旅に出るコトさえ叶わないのかも知れない、そんなムードさえ漂っている今日この頃。

元来、7/24〜8/9までの期間は少なからずこの街を離れる気で居た。そう、オリンピックの開催予定だった期間は。


さて、無職さながらの態で早数ヶ月が過ぎた。やりたくもないコト「だけ」やって、でもお金貰えるなら満足です!ってな、奴隷根性剥き出しの無神経な人間には、たとえなりたいと願ってみたところで到底なれない作りらしい。

オレはサラリーマンを心底尊敬している。しかし、サラリーマンはオレをコケにしているってな構図らしい。哀しい。

先日、横浜で開催中のバンクシー展へと出向いた。そこには現物が目の前にあるにも関わらず、一枚ずつを写真に撮り、その撮った画像を確認しては次の写真を撮るを繰り返す輩がわんさか居た。ナマが目の前にあるにも関わらずだ。

頭の中では奴等の髪の毛を引っ掴み、「貴様、ナマの意味が分かるか?」などと吠えまくる映像が浮かんでいた。

しかし無論、そんなコトは実際にはやらない。同じ時代に生きながらして思考がてんで違うからだ。オレにとって奴等は阿呆で、奴等にとってオレは馬鹿の極みだ。相容れる隙もないらしい。

はたまた先日は久方振りに会う友人を誘い、この街のパトロールへと出掛けた。馴染みのバーへはかれこれ5ヶ月振りに顔を出し、苦しい現状がきっとあるクセしやがりながらも全てを笑いに変え、やり繰りしようとするそのマスターの表情、心意気には取り敢えず安堵する。

そして猿小屋真向かいに鎮座し続ける、風情溢れる焼鳥屋へと久方振りに流れ着いた。そこには昔働いていたバーの常連客がおり、その男がオレのコトを大将に紹介してくれた。

すると大将は堂々と煙草を吹かしながら生粋の江戸前口調でこう云う、

「向かいに住んでんだろ?音、聴こえてくるよ。窓、いつもちょっと開けてんじゃん。もっと好きに演りなよ」。

地域密着型の最たる見本。オレはこの街が大嫌いで、そして大好きだ。明日は焼鳥を持ち帰りで決まりだ。

そして大将には断固こう云うだろう、

「出来たら外から直接呼んでや、すぐ取りに来るけぇ」。

スマートとはこのコトをいう。


(901文字)

 


drecom_eroom5session at 05:00|PermalinkComments(0)│ │散文 

June 25, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.2


'20.06.25(木) 

スナック感覚で記録を残し続ける心積もりだったが、早くも中9日開いていた。書いては消しを繰り返し、気付けば7月さえ目前だ。

西村賢太を根こそぎ読み漁り、辞書を引き、大衆とは折り合いがつかず、つける気もなく、

旅に出る目処も立たず、理不尽なゴミに絡まれて、その品の欠片もない挑発に乗ってしまうオレはカスなのだろうかなどと思考する。

曇天の下、都知事選挙の演説を聞きに明大前へと向かった。いつからか選挙期間中は何故か落ち着かない胸中を抱える様になった。

別に「貴方は何も悪くない」などと云ってほしい訳じゃない。オレはある意味、充分に悪いだろう。

しかし大学卒業、いい企業、持ち家35年ローンが正しい生き方だとは残念ながら産まれてこの方一度も考えた事がない。

それと同時にオレはサラリーマンを尊敬している。生き方なんて各々でいい。

とにかく変化を決め込むには斬新なニューヒーローの誕生が必要だ。そしてオリンピックは中止でいい。

明大前から歩いて帰る。久方振りにジャズ喫茶「マイルス」の前を通る。完璧な佇まい。

しかしその扉にも、以前はなかった「禁煙」の文字が躍っていた。


(491文字)


 


drecom_eroom5session at 19:29|PermalinkComments(0)│ │散文 

June 16, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.1


 2020.06.16(火)

気付けば39になり半年以上が経過した。もう半年も経たない内に40になるらしい。

近頃は本ばかり貪り読んでいる。今日はAM05:12に目が覚めた。昨日も一歩も外へ出ず本ばかり読んでいた。イカす本を読んでいると外へ出る気も失せるって仕組みだ。

本ばかり読んでいると本が作りたくなる。そして文章が書きたくなる。しかしその文章は哀しいかなカネにはならないのかも知れない。

気分を変え、太陽を浴びながら歩きたくなり外へ出た。足は自然と本屋を狙っている。そしてオレが読みたい本は大概置いてない。

便箋を手に入れ、地域密着型の文房具屋で400字詰め原稿用紙を手に入れた。

その昔、「ビートジェネレーション」に倣い、「ポストジェネレーション」と名付けたハイカラな遊びを流行らそうとした。

すなわち、手紙や絵葉書をポストに投函しながらやり取りをする文通の類いだが、このデジタル最先端の時代、まるで流行る気配もなかった。

そういえば先日、映画館に出向く際、電話機を忘れたまま街へ繰り出した。街から猿小屋へ戻るあの5、6時間は胸を張って「スマート」と呼べる時間だった。

あれで良いのだ。

「ポストジェネレーション」復活に向け動き出した方が良さそうだ。

「メールアドレス教えてくれ」などと野暮な事は聞かず、「住所教えといてくれ」と堂々と聞く方がクールだ。

オレは時代遅れの最先端なのか。しかし「時代」なんて誰かが決めた広告みたいなモンだ。くだらない。

もうすぐ40になるらしい。


(628文字)


 


drecom_eroom5session at 14:00|PermalinkComments(0)│ │散文 

May 12, 2020

ピースタイムラヴァーズロック / 2002


世界が平和になるのを待ってる
何時まで経っても訪れそうにない
届く筈のない手紙を待ってる様

二匹の鳩を心では飼ってて
こいつら素直に愛し合ってて

設定恋人に、思うのは勝手
餌は俺の夢、平和を願ってる

世界が平和になるのを待つだけ
二匹の友達達も願ってる

もしも争いが…
あくまでも仮定、平和は奴の夢
ピースタイムラヴァーズロック

世界が平和になるのを待ってる
「飛び立つ準備は出来てる」鳩が云う
世界は平和になると思ってる
夢が夢ではなくなるの待ってる

「さよならは辛いが、夢だけ喰って飛び立つ事にする」
また会える頃には世界は平和になると思ってる
俺はこいつらの帰りを待ってる

ワンダフルピースタイムラヴァーズロック

また会える日までに
二匹の鳩に名前を付けてやる
俺はこいつらの帰りを待ってる


---------------------------------------------------------------------


元の詩は2002年からあります。「ワンダフルピースタイム」という曲でした。
当時、打ち込みドラムのバンドサウンドで一人録音したカントリー調のこの曲をデモテープにして誇らし気にSONYへと送りました。知っとけってな心意気で。

回答はノー。今、その音源を100年振り感覚で聴いてみました。そりゃノーでしょう。声の違いとダサさにただ赤面します。そう、人に歴史ありとか云うでしょう。ボクが死んでも発掘などしないで下さい。

2003年、バンドスタイルでこの曲を演奏、その頃は高速のスカヴァージョンになっていました。新宿で演ったライヴビデオが残っている筈です。あまり観たいとは思いません。

それ以降は長年眠らせた後、去年突然一軍に復帰。今はテンポを緩めたロックステディの趣きです。無意識の内にずっと大切な曲になっている様です。

今、この曲をゼロから録り直してます。あの頃と同じエレキギターで。ボクが死んだら「どうか発掘してほしい」仕上がりです。

さて、オレはどうやら、鳩とピースが大好きなんだな。敬具。

 



drecom_eroom5session at 16:20|PermalinkComments(0)│ │ 

April 04, 2020

the long winter vol.4


3月17日、午前の内に神戸空港へ着いた。2020年に入りほとんど初めて、太陽を浴びた様な感覚だった。

それから6日間、晴れは続き、詩の重要さを再確認し、人との出会いを思い、
 意気揚々と下北沢へ舞い戻った。

3月24日、「The Sundance」を猿小屋へ招き、今後の胸躍る出来事について打ち合わせ。ターンテーブルの上ではローリングストーンズ「イッツオンリーロックンロール」が回っていた。

3月28日、急遽穴の開いた下北沢CCOで今村竜也とセッション。今村竜也が云った、「これがラストライヴかも知れんぞ」。その後、今村竜也が帰った後も結局宴は真夜中まで続いた。以前誰かが云った「オレ達は下北沢という村に生きている」という言葉を思い出した。

そして4月。太陽を浴びない日々プレイバック。今、外には出たくない気分だ。誰もが先が見えず、スケジュールを組み直すのもままならない中、オリンピックの延期日程だけは最速で出しやがったなコノヤロー。

今年7月で77歳を迎えるお母ちゃんがいつか電話越しで云っていた、「7月やろ、77歳やろ、スリーセブンや。せやからオリンピック見てから死んだら丁度ええかな思てますねん」

「丁度ええってどないやねん!」、電話は笑って切ったが、個人的なその観点からみればオリンピックは永久に中止でええぞバカヤロー。

ボブディラン中止、ジムジャームッシュ公開延期、規模の小さいオレのライヴも他のライヴも中止、
ライヴハウスは当面の自粛、個人経営のバーは客入りが途絶え、行くヤツは阿呆と捉えられる風潮。そして東北でのオリンピック聖火展示会には5万5000人が殺到したらしい。

主催者がヌカす、「予想を遥かに上回っちゃいました」。ハニーベイヴ、この世はペテンとイカサマ。

オレは閉じ篭っている。誰にも干渉されず、誰にも指図されず、一旦静まる為に。

動く事が悪となり、その悪を唱える奴等が満員電車に乗っているという矛盾。国と国との争いなんかじゃなく、人と人との間から戦争ってのは始まる仕組みだ。加わるな。

今まで詩を唄ってきて最も嬉しかった言葉は「ヤクザの人がアンタの詩を聴いて泣いてたよ」って言葉だと思う。12月の札幌だった。

得意気な顔したこの国のリーダーが云う、一つの住所にマスク二枚を送ります。期待するから馬鹿を見る。アテにするから落ち込む。生まれながらのボンボンは残念ながら理解力に乏しい。ヤクザの方がよっぽど信頼出来るぜ。

オーケー、オレの住居は302号室と303号室をぶち抜いて一つにしてある特殊な構造なので登録住所は二つになる。すなわち、四枚頼むで!ってか。


 

drecom_eroom5session at 07:10|PermalinkComments(0)│ │散文 

March 14, 2020

the long winter vol.3


センバツ甲子園の中止が発表された。スキあらば来週からの関西シリーズの合間に高校球児と甲子園本体に御挨拶へ出向こうと思っていた。

目にも見えない物体に様々な事が潰されていく。所詮人間なんて自然の前では成す術もないんだろう。

当然オリンピックも中止でオーケー、思いながら、オレは断固関西へ行き、ツバを飛ばしながら唄おうと思っている。パイロットが操縦してくれる限りは。

もうムチャクチャだ、矛盾だらけで。

どうやら全ては人頼りだ。布団があり眠れて、ブーツがあり歩けて、ニベアがあり肌が潤う。全ては発明した人物のオカゲだ。オレに出来る事など皆無に近いらしい。

そして今、気掛かりなのは「世論とは寝ない男ランク」ボクのナンバー1、ボブディランがジャパンツアーを敢行するのか否かだ。

オリンピック中止なんてある訳がないと思っているヤツも居れば、中止で決まりだと思っているヤツも居る。

御国を上げての戦争どころか御国自体で戦争が起こるぜ。馬鹿らしい。その列に加わる気は毛頭ない。

何処に行けどもいいヤツが居て悪いヤツが居るってそれだけの話だ。北朝鮮にいいヤツも居ればカンボジアに悪いヤツも居る。香港に醜いヤツも居ればアメリカにイカすヤツも居る。

御国や土地柄でカテゴライズするなんてダサ過ぎる。大阪にも面白くないヤツはわんさか居るってのと同義だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで書き残した直後、ボブディラン来日中止のニュースが飛び込んできた。その足でライブバーへ出向いた。満席だった。

「オレの立場になればオレが正しく、君の立場になれば君が正しい」、ボブディランの言葉だ。


 


drecom_eroom5session at 00:36|PermalinkComments(0)│ │散文 

March 04, 2020

登場人物全員気狂い '20


「オレって本当は間抜けだったのか?この不幸は全て自分で招いているのか?ありうる話だ。実はオレってオツムの足りない、生きているだけでも御の字な奴って事も充分にありうる 
(ヘンリーチナスキー)


電車降りる前に我先にと乗り込んでくるゴミ、改札の出入口で大荷物を抱えて立ち止まっているカス、下を向いて歩く逆スマート野郎、自らの不注意で忘れ物をしたクセに店員に八つ当たりする腑抜け、そして驚いた事にとりあえず謝ってみる店員。

面白くないヤツほどデカい声で喋る。不思議な事に誇らし気なツラを晒しながら。

阿呆にヤラれる前に逃げろ。しかし逃げども逃げども大量に溢れ、目に余る光景。怒りよりも恐怖、嘆きよりも悲哀、登場人物全員気狂い、IQなら2.8ってところ。

何事にも目を瞑り、何も感じない振りをする人間を「大人」と呼ぶなら、オレは永遠のポッピンボーイのまま死に至りたい。

もう10年ほど前、今村竜也氏がオレに云った言葉を今も鮮明に憶えている、

「そんなガリヒョロじゃイチャモンつけてもヤラれちゃうよ」

オールオーケー、オレは殴り合いも水掛け論もしない、宇宙人と闘うよりタチが悪そうだから。

さて、昨今の情勢から、コロナビールの売り上げが落ち込んでいるらしい。オーマーシー、もう許して下さい。

デマ騒動でトイレットペーパーは売り切れ、ライヴは軒並み中止、そして東京マラソンには7万人の観衆。

主催者がヌカす、「集まっちゃいました」。ハニーベイビー、IQなら2.8ってところ。

この世はペテンとイカサマ、洗脳された右向け右の精神、ソレを恥ずかしい事だとは思わないどころか、正しい事だと信じて疑わない図太ささえも持ち合わせているらしい。

コレがラジオ番組ならオレは直ちに一曲お届けするだろう、ヒートウェイヴで「トーキョーシティーダイアリー」。

「気を付けます、受け止めます
マニュアル通りに街を歩き、とにかく何とか生き延びます」

この詩を真正面から捉えるか皮肉と受け取るかはそれぞれの感性だ。

よく居るだろう、「自分らしくあれ!」ってな類いの作られたヒットシンガーの曲を額面通りに受け取って、デリカシーの欠片も無い行為を繰り返しながらも「これがボクだ!」とかホザきたがる輩が。

帰れよ、くれぐれもそのヒットシンガーにも迷惑を掛けん様に静かに。

オレはインターネットなどには引っ掛からないヒップなナンバーを沢山知っている。右向け右な連中には誇らし気なツラを晒してやろう。

しかし奴等の返答は残念ながら火を見るよりも明らかだ、「で?」。プリーズシュガー、仲間なんて無理してまで増やすものじゃない、気付けばそこにあるものだ。絶対に忘れるな。

思いのままに書き殴りながらオレは今もモダンソファに腰掛けて、ニュースを読んだりしている。嫌気が差しては本を読み、本を読んだら頭が動いて止まらなくなる。

体重計に乗ったら+2kgの表示が出た。頭以外、ほとんど動かしてないからだ。

ナニモノでもないオレが品のない言葉を並べながら、同時に脳内では冒頭の言葉を繰り返している、

「オレって本当は間抜けだったのか?この不幸は全て自分で招いているのか?ありうる話だ。実はオレってオツムの足りない、生きているだけでも御の字な奴って事も充分にありうる

電気ストーブがあるなんて奇跡だぜ。IQなら辛うじて8.93はほしいところ。

 


drecom_eroom5session at 06:35|PermalinkComments(0)│ │散文 

February 27, 2020

the long winter vol.2


気付けば近頃はレコードさえも裏返してないな、と思っている。

そもそも音楽自体をほとんど聴いていない。

ターンテーブルにはアールボスティックのベスト盤が乗ったままだ。

オレは回す気がしない、今はただただ自らと向き合う季節らしい。

普段、24時間中17時間は座っているであろうモダンソファが置いてある猿小屋には窓がない。

何処に居るよりも落ち着くが、同時に何処に居るよりも気に障る空間だ。矛盾は永遠のテーマだ。

明確に寒いってのが嫌いだ。まるで虫って事になる。そんな訳で北海道には住めない、こんなに愛しているのに。

すなわち、電気ストーブと魂だけが頼りだ。ほとんど外に出歩く事もなく、答えのない答えを探し続けている。

しかし、そんな事を繰り返していると煮詰まるのも当然らしい。閉じ篭っていても答えなんて永久にやって来ないだろう。

それ以前に「答え」なんてないって事をオレは誰よりも知っているってんだからタマラナイ。

さて、埒が明かんのでターンテーブルのレコードを加川良大将の「教訓」に置き換えて回した。最高だ、根本の美学。

そして新宿へ友川カズキ先生の「どこへ出しても恥かしい人」というドキュメンタリーを観に出向いた。完璧だ、独自の哲学。

大嫌いな新宿が、危うく大好きになってしまいそうなくらいだ。

重要なのは、知らん間に訳の分からんレースに巻き込まれて競い合う事ではなく、脇目も振らず自らが目指す山の頂を狙い続けられるか否かだ。

寒さのせい、時代のせい、タイミングのせい、それ、全部引っ括めてお前のせいだろう。

心底笑う日の為には笑えない期間ってのが必要だ。

宇宙に一人ぼっち、望みもせんのに連れて行かれた様なAM05:18、モダンソファの上で、大声で唄わせてもらおう。




drecom_eroom5session at 05:18|PermalinkComments(0)│ │散文 

February 11, 2020

the long winter vol.1


近頃は無の季節だ。何をやっても満足とは程遠い。

イカしたコップを手に入れても次の瞬間にはこう思っている、「ソレがどうした」、

ニクい映画を観たとて「オレはなんだ?」、曲を書こうにも「一体どうやって?」、

何時だって笑える為には笑えない期間ってのが必要だ。

ほとんどパジャマ姿のままで、朝も夜もなく日々が過ぎていく。外はいつも暗いままだ。

どうやら肩が凝っている。無意味な力が入り、まるで誰かが後ろに乗りかかっているかの様だ。

そう感じ、
オレが今まずやるべきコトは風呂釜をピカピカに磨き上げ、何も考えず凝り固まった肩と頭を労る為に湯舟へダイヴするコトだと踏み、文字通りピカピカに磨き上げた。風呂があるなんて奇跡だ。

そしてお湯をふんだんに使い、のぼせかけた今はこう思っている、「もう風呂に入った様なモンだ」。

肩は凝ったままだ。湯舟にダイヴするのは明日へ持ち越しだ。


さて、持ち越した後、満を持して二日連続で湯舟にダイヴした。入浴剤だって手に入れた。「ロマンティックジャスミンの香り」、小粋なネーミング頼りだ。

感想はこうだ、「で、オレはどうだ?」。肩と頭は凝ったままだ。

先日、2020に入ってから初めて外でお酒を呑んだ。それは愉快且つ痛快なトークで終始笑いと再会で溢れていた。しかし次の日にはこう感じていた、「ソレがどうした」。

危険だ、何をやっても満足とは程遠い季節。

空き物件を見つけては、「此処で昔ながらの弁当屋をやったら絶対に流行るで」などと勝手にそんなコトばかりを考えている。そんな時、店の名は断固「NAKED LUNCH」でキマりだろう。

しかし、残念ながらオレの夢は弁当屋になるコトじゃない。

季節を越せるかはお前次第だ。




drecom_eroom5session at 05:32|PermalinkComments(0)│ │散文