October 26, 2006

ロックンロールは好きかい?

ザ・ビーチズ&ザ・ニートビーツ イン 新宿紅布(レッドクロス)。初めて足を踏み入れたライヴハウス。お互い、前見た時より良くは感じんかったが、とても楽しそうに演奏しとった。終わって客席におった、ビーチズ小井出永に握手を求めた。俺は自分が好きと思える人にだけ握手を求めたい(有名人を見たらとりあえず握手しとけ的な考えは微塵もない)。でもその時、「頑張って下さい」「応援してます」といった類の歯の浮く様な言葉は絶対付け添えたくない。握手を求めた相手を俺がどれだけ好きだとしても(例えば松本人志)それは同じだ。何しろその人より「頑張る」のは俺であり、「応援」などする暇はないのだ。小井出永とは目をばっちり合わせて固く長い握手を交わしたが、きっと彼は俺の事などすぐ忘れるじゃろう。今まで握手を交わしてくれた一線で活躍するミュージシャンの人達も俺の事など覚えちゃおらんだろうが、俺は忘れてないぞ。それをいつか思い出させてやりたい。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字