October 29, 2006

気が狂うまで終わる事のないループトーキングショー

俺の仕事、猿でも出来る仕事、終わる事のないループトーキングショー。朝から、また業務が変わった。その内容とは驚愕、通信販売を利用した事のある家庭に懲りもせず一軒一軒電話して、「明日テレビ東京の○○という番組で、紳士服カシミア100%Vネックセーターを紹介するから、時間あったら絶対見てよね!」なのである。そんな事せんでも見る奴は見るし、見ても買わん奴は買わんし、買う奴は買うのにな(まぁ、可能性を広げるという意味が込められとる事はもちろん分かるが)。そもそも俺は宣伝というモノが好きではないのだ。全く向いてない仕事だ。これも一軒30秒程で終わるのだが、朝礼の時、社員様が言うには、「1時間60軒を目標に電話して下さい」。「1人1分計算だぜ?無茶だぜ」と思いつつ、烈火の如く、気が狂った様にとにかくかけまくる。結局10時から16時までにかけた軒数、休憩1時間を除いて、5時間延べ350軒(不在、留守番電話含む)。すなわち1時間70軒計算(電話かけるだけなら簡単じゃん?ノーノー)。そして16時過ぎ、社員様の口から新たな指令が言い渡される。「リストがなくなったので、綿毛布の販促業務に移って下さい」。2年分の「おいおい」、俺は苦笑いを通り越し、帰りたい衝動に駆られる。これでこんな所まで来て時給1100円は無茶だ。そして17時前、俺の不満気かつ、机を叩く態度かつ、パソコンを睨む表情に見兼ねたのか(多分そうだと思う)、いっぱい電話をかけとる奴がおる中、社員様が俺だけを選び出し、俺の所に来て言うには、「違う業務をやってもらってもいいですか?」。その業務、書類整理。これも猿でも出来る。俺は色んな意味で情けないやら何やらの思いに駆られる。俺は俺にしか出来ん仕事がしたい。思えば4年程前、「ジーンズメイト」で働いとる時は、時給はそりゃ安かったものの「やりがいがあったなぁ」などとしみじみ思う。あそこでの俺の評価は実に高く、「俺にしか出来ん事」が確かに存在した気がする。自慢だが、「お前には俺等には思いつかんセンスがある。何処に行っても上手くやれるよ」と店長はじめ色んな人が言ってくれたのだ。もちろん、「遅刻さえしなければね」と必ず付け加えられたが。

それが今の俺は何なんだ。全く馴染まん。俺は操り人形じゃないんだ。

P.S 明日はシフト調整の為「休んでくれ」と言われました。折角曲がりなりにも波に乗り出したらすぐこれだ。そんな訳で大手町は後一日残すのみだ。

at 19:16│Comments(0)TrackBack(0)│ │仕事 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字