November 03, 2006

愛すべきボロ電話かい

俺の電話は電波が悪い。それに加え俺の部屋はなにしろ電波が悪い。昔強く思った、「私の部屋電波が届かないんですよー」という輩に対して。「お前どんな所に住居しとんねん」。今、その気持ちが分かる、分かるぞ。たまにする電話でも、切れるのは一回、二回じゃ済まされん。見事、面白トークも全てぶち壊してくれる。その度に俺は布団に電話を投げつける事になる。デザイン?ノーノー、多種多様な機能?ノーノー、その前に電話として機能するモンを作れ、お前等が作っとるモンは何だ?「携帯電話」と名乗っとるじゃろうが、それならまず「電話」と呼べる機能に一番重きをおけ、タコ、の出来上がりである。

何だか頭が痛い。太宰治を読みふける。近い内、「拝啓太宰治殿」を書き上げたい。

at 18:42│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字