November 30, 2006

近頃はクリスマスの季節

またしてもやって来た、「クリスマスの事何一つ分かってないにも関わらず、ただ周りがクリスマスだクリスマスだと盛り上がっとるだけで、便乗して俺達もとにかく盛り上がろうぜ!クリスマスプレゼント何にするぅ?」の季節が(溜息)。どっかで盛り上がっとる適当なカップルか何かを捕まえて「クリスマスってどういう意味か分かる?」と問い掛けてみろ。9割が「そんなの知らなーい!」と何一つ悪ぶれずあっけらかんと答えるのだ。無論、俺は分かってないので、いくら周りが盛り上がったとて盛り上がる事など出来ん。もちろん、嫌な思い出がある訳でもなく(むしろ子どもの頃、お母さんが飴付きの雪だるまのぬいぐるみを買って来てくれた思い出がある)、単純に理解が出来んのだ。百歩譲ってクリスマスは良しとする。ところが、「イヴ」、果ては「イヴイヴ」(気が狂っとるのはどっちだ?)。果ては言う、「クリスマスも仕事するの?」。俺は答える気力すら失ってしまう。ワールドカップ開催時の、「サッカーのサの字も分かんないけど、私達も乗り遅れない様にしなくちゃ!」とイコールなのである。俺の大事な日は、12月13日(誕生日)、5月3日(意識不明の事故を起こした日)、そして7月15日(お母さんの誕生日)なのである。俺の新曲にこんなのがある、

日付は日捲り 曜日は関係ない
曜日は記号さ 日付は関係ない 
クリスマスもバレンタインも 何も関係ない 

淋しい男だと思うかい
淋しさはそんなとこにはないぜ
生憎だけれど

これを、12.22 アット 東高円寺KAZTOUで唄い上げたい。

しかし一つだけ言える事は、松本人志作詞「チキンライス」は涙なしでは聴けん、という事である。

P.S これは俺の個人的な考えであり、周りの人達、そしていつか生まれてくるであろう子ども達にこの考えを押し付ける程、俺はナンセンスではない。 

at 22:07│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字