June 06, 2008

ウーバップ・スモーキンブギ

’08.6.5(木)
ライヴ アット 新宿スモーキンブギ


1.雨が降ったって大丈夫
2.喜怒哀楽な男
3.ロマンチック
4.明大前にて
5.自由
6.愛すべき日々(仮)
7.スポットライトな生き方



客は少なかったがそれが何だという話。

俺は楽しんだ。

「明大前にて」では三弦が吹っ飛んだ。

おまけに歌詞もすっ飛んだ。

力が入り過ぎていたのだな。

それからギターを変えた。借り物のギターで唄った。

音色が違った。チューニングが違った。

ライヴ中に曲を止めてやり直すのは心底好きじゃないが、

それは時と場合とMCでの誤魔化し具合によるなと思った。

明らかにチューニングが違う事に曲の出だしで気付いたのだ。

それはやはり止めた方が良かった。

新曲は更に真実味を増すに違いない。

他出演者も魅力的で多少話が出来た。

どんどん繋がっていけば良い。

こんな機会を与えてくれた江崎掌氏にいつか御返しがしたい。


P.S いよいよ「Small Change Days」まで後三日。やはり晴れを望む。

BGMはクリフォード・ブラウン&マックス・ローチ。ジャズで癒してほしいの。





at 21:25│Comments(0)TrackBack(0)│ │ライヴ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字