June 08, 2008

人間の気持ちを忘れるなよ

魔の三連勤をリミットすれすれで乗り切る事に成功した男、このワタシ。さぁ、俺は「ロックの日」周辺を祭り気分でぶっちぎりたい。「ロックとは?」「音楽とは?」とチンプンカンプン極まりない輩に問われたならば「そんなモン勝手にしさらせ!」と答える。こだわりは腐る程あるが、そんなカテゴライズなど心底どうでも良い。仕事?暫らく休む。家賃?アイム・ソーリー。何を言う、俺にはこの「ロックの日周辺を祭り気分でぶっちぎる」という誇らしい仕事がある。俺は自分が気持ち良いと思う事だけを追求したいのだ、ハハッ、ハッ!

P.S 常連のお客さんにワインを一本頂いた。亡くなったお母さんの実家(静岡)を片付けとる最中に出てきたモノだという。捨てるのは勿体無いし、「アイツ呑むかな?」と俺の事を思ってくれたという。こんなモノを頂くのは心苦しいが、置いとくだけではやはり勿体無いし、味を噛み締めながら頂こうと思う。その人は「アイツお腹空かしてるんじゃないかな?またパンしか食べてないんじゃないかな?」と俺の事を考え、駅の売店で弁当を買ってこようとしたという。結局売り切れで、俺が弁当を頂く事はなかったが、そんな事はどうでも良い。俺がおらん場所で俺みたいな男の事を少しでも思い出して考えてくれた気持ち、それだけで涙が出る。俺はこういった気持ちに滅法弱い。大事に大事に頂きます。

dscn15390001.jpg


at 03:49│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字