June 18, 2008

経験するに超した事はない

バーで稼いだお金に手を付け(号泣)、電気代を払い込む。このお金は必ず金庫に戻す義務があるが、電力屋のコールセンターはあまりにも感じが良く、こんなところにも「おい、何勝手に電気止めてくれとるんや!」などとお金を払ってない自分の不甲斐無さを棚に上げて文句を言う輩から電話がかかってくるのだろう事を察すると、その電話口のお姉ちゃんには同情の哀しみが込み上げてくる。神経の欠けた人間があまりにも多いこの事実を俺は既にある程度悟ってしまっとるのだ。電気代を払った勢いでフラテリスの2ndを手に入れ、現在BGM。1stのインパクトはやはり1stにしかないのか。

しかし電気のない昨日のうしみつ、あれはあれで楽しかったなと思う。そう、冒険気分。まぁ、意外とすぐ静かに静かに眠りについたけど。そして12時間眠った。俺は、10~12時間の睡眠と3~4時間の睡眠を毎日交互に繰り返しとる様だ。これはある意味、勿体ないとも言える。

dscn15880001.jpg


まるで満月の如き電球、やはり電気のある生活、これも素晴らしい。

at 20:36│Comments(0)TrackBack(0)│ │日々 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字