June 23, 2008

哀れみのバラード

「お前等の会社のやり方とかが世の中をおかしくしてるんじゃないのか!!」

などと

お門違い甚だしい、充分に世の中をおかしくしとる一人であろうおっさんに怒鳴られた。



俺は哀れみ、嘆き、悔しくて悔しくて、涙が出た。

こんな理不尽な話があってええのか。

そしてこんな仕事を俺は一体いつまで続ければええのか。

穏やかではない。全く、穏やかではない。

限界、これが近い。もう辞めた方が良い、そんな事は前々から思っとる。

そうしよう。

誰とも話したくもなく、まるで二重人格。いや、喜怒哀楽で四重人格か。

おっ、THE WHOでも聴くか。

そんな事より俺はマニュアル人間に一切の興味がない。

このままいったら当然頭はおかしくなるだろう(ジェットシティ)

ベイビー、こんな俺だけど愛してくれるかい?

どうやら違う星から迷い込んで来たらしいぜ(ジェットシティ)。

何年経っても名曲は色褪せる事がないな。

何か楽しい事ばかりを考えなくちゃいけないな(ジェットシティ)。

唄は素晴らしい。自由だ。

矛盾だらけの人生にはお別れを。




at 20:40│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字