August 13, 2008

最高だと何度でもいえる幸せ

何だか色んな言葉とか風景とかがはっきりと蘇ってきて

俺はバーでも胸を締めつけられた。

全部目に焼きついとる。



「まだ見たことのない風景を全部焼きつけて 俺は死ぬ

感じた事のない感情を使い果たして 俺は死ぬ」



神戸で「夢の暮らし」を演った時、俺は確かに自分の唄に感動してしまった。まさに歌詞の内容と自分自身が交わった瞬間だった。「また自画自賛かいな?」、ちゃいまんがな、いや、違う事はないかも知らんが、俺は決して完全ではない。しかし音楽を止める理由などどこにもないと改めて思い知ったのだ。

dscn16590001.jpg



P.S 写真は清水寺入口。この近辺でもイノダの支店はどうやら営業中らしい。俺はきっと来月も京都に行くぞ。ICOCAにもまだいくらか入っとるしな。しかしその前にまずはこれ、

’08.8.17(日)
東京アンダーサーキットレコード企画
「国立ジャム2008」(野外フェスティバル)


すなわち今週日曜日。前日に現地入りし設営から一緒にやりたい。そのまま一泊し、当日出番は第二部トップの真昼間十五時。ここ一週間、この言葉が頻繁に口をついて出てしまうが、「最高」としかもはや言葉が見当たらん。「旅の大回顧録」は明日、莫大な写真と共に掲載。

at 03:22│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字