December 04, 2008

興奮冷めやらずでゴー

昨夜は調子に乗った文章を書いた感はある。バットしかし、俺は至って冷静さを失ってない。

そのまま眠らず、得意のロードバイクまたがり六本木ピカソ展に出向こうと企みもしたが、午前11時前、俺は静かに眠りに落ちた。

夕方17時起床、それならば俺は部屋を一歩も出ず、片付けでもしちゃおっかなー感覚と相成る。

コロコロ、拭き掃除、そんな時のBGMは断じて、先日、阿佐ヶ谷に堂々と鎮座するヘビー級レコード屋で手に入れた6枚のレコード。

袋からようやくレコードを取り出してみる。そこで初めてお目にかかる「こんなの手に入れたっけ?」シリーズ、


dscn22750001.jpg


永ちゃんは唄う、「ホワーイ 何故にー」。確かに手に入れた覚えなどない男このワタシ、一曲目を確認してみると「SHAKE RATTLE AND ROLL」、すなわちオールディーズの御機嫌ナンバー。俺はこの曲をプロフェッサー・ロングヘアーなる最近知った人達が、「おっ、こんな曲も演っとるのか」という思いで手に入れた。

dscn22740001.jpg


バットしかし、こちらのレコードを今一度確認してみるとすっとこどっこい全く違う曲だ。レシートを確認してみると5枚分の会計しかしてない。すなわちこの2枚はぴったりべったりと隙間もない程にくっついとったのだなという結論が生まれる。俺はといえば、ヘビー級レコード屋の雰囲気にすっかりと飲み込まれ興奮状態にあったのだという事が窺える。

こんな運命に導かれやって来たレコードに限って外れはない。0円で手に入れた「JUKE BOX FAVORITES」、最高なのはジャケットのジュークボックスに付いた手と足を見れば明らかである。


出来たて極まりない俺のステッカーをカッターで切り、ギターケースとレコードプレーヤーに貼り付ける。

dscn22800001_1.jpg


おー、もっともっと貼り付け散らかしたい。

「赤と黄色と黒のストライプで ポップアートの偽者の住人ー」

とは俺の歌詞。気に入った。この歌詞も一つのモチーフにして俺はこのステッカーを作ったのだ。

昨日バーに来た女性客に「高哲典です」と告げると、「何でそんな両方とも名前みたいな感じなの?」と真顔で問われた。

はらわたは煮え繰り返り、素っ頓狂を極めた質問に、口から溢れ出そうになる「知らんがな」と「ほっとけたわけ野郎」の二大感情を精一杯抑え、俺は「そんな事言われても・・・」と答えた。

俺は自分の名前を愛しとる。感謝して止まん。ごちゃごちゃ言われる筋合いは微塵もない。

そんな訳で名前入りのステッカーもやっぱり作っておきたい。

頼れる男に相談してみよう、「ひょっとしてターゲットマークとかで作れたりもしますのんけ?」ってな。


P.S

img20081204.jpg


img20081204_1.jpg


顔をさらすのも良いかもなと思った。「NO SMOKING」という写真集からヒントを得た。

以前書いた、例のアレだ。やるだけやってやろうと思っとる。

今年は今のところ、気付けば残り一本しかライヴがないじゃないか。





at 00:50│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字