January 16, 2009

グッドタイム・ロマンス

昨日のライヴはMTRに録音した。当初、竜也兄貴から借りたテープレコーダーを駆使する予定だったが、テープの回転速度が遅く正常録音不可の為、急遽MTRを持ち込んだ。

先程、再生ボタンを押すと、たまげた事に「二部」から始まった。すなわちソワソワフワフワ状態、通称ソワフワにより、俺は「一部」の録音の上に「二部」をかぶせてしまった訳である。

恐るべしソワフワ、手は攣るわ足は攣るわ、俺は攣り名人の名を欲しいがままにしてしまうのか。

「二部」の録音は場の雰囲気も重なり、俺が想像しとったモノよりは数段良い響きに聴こえた。

「あっ、この人悪くないな」と俺は結局、多少なりとも感じてしまったのだ。

そうとなれば「一部」の録音がより聴きたくなってくる。この日のライヴは出来、不出来に関わらず音源を残しておきたかった。

よし、今後はMTRをなるべく持ち込むというのはどうだ。

「熱狂・ライヴ盤」、夢の一つに加えるというのはどうだ。


ところで昨日、わざわざ用意してもらったターンテーブル。「一部」4曲目、「アウトロー・バカヤロー」、

ルースターズのイライラするぜって曲を回しながら
イライラを吹き飛ばす 俺達はアウトロー

ターンテーブルが渦を巻く光景に目玉回しながら
イライラを吹き飛ばす やり方がニクイんだ


こちらにかけ、ライヴが始まる直前のSEはルースターズ「ディスサティスファクション」、

アンコールラスト、「スポットライトな生き方」

ソニーロリンズのサックスをなぞって 
巧い事口笛吹こうとしたけど
俺ったら口笛吹けない身だった


こちらにかけ、終演後のSEはソニーロリンズ「セント・トーマス」、この手の込んだ、ウィットをササッとまぶした演出に気付いてくれた人達はおっただろうか。

俺はレコードを持ち込み、DJシムスケに耳打ちした、

「このポイントでこれ頼む!」

あの絶妙のタイミング、気付いただろうか。

気付いてくれたなら俺は嬉しい。

それも含めたライヴ展開、次が早くも待ち遠しい。


P.S 全ての出来事は日が経てば経つ程に、素晴らしさが増してくる気がする。

なんだかんだで昨日の記憶も全て「ニュースタイル」だと俺は捉える。

それは紛れもなく、

「仕事を休んで」

「仕事が終わって」

「電車を乗り継いで」

「お金を払って」

「時間を削って」


エトセトラ、来てくれた男前と女前達のお陰だといえる。

よし、告白しよう。チューさせてくれよ。








at 00:06│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字