July 13, 2009

狂乱のナンヤソレ天国

dscn31520001.jpg


この世はナンヤソレ天国、狂乱のナンヤソレ天国。

モラルの「モ」の字も弁えず、いや、その意味さえ知らんままに年を取り過ぎた老いぼれで溢れている。

そしてその老いぼれが子どもを残し、その精神をまんまと受け継いでいく。街を歩くカップルを見渡すだけでもそれは一目で分かる。似た者同士が寄り添っている。風貌然り喋り方然り。教養溢れる関係を俺はお前と築きたい。

俺は人間が怖い。ゴキブリよりも怖い。今までも散々、人間とは呼びたくない人間を眺めてきた。

当たり前の事の筈なのに、モラル溢れる人物に出くわすと嬉しくて涙が溢れそうになる。当たり前の事の筈なのにだ。その時点で全ては狂っている。

モラルの「モ」の字も弁えず、いや、その意味さえ知らんままに年を取り過ぎた老いぼれに出くわすと、また別の意味で涙が溢れそうになる。そして頭を通す前に手が出そうになる。

ところがどっこいすっとこどっこい、辞めれば良いのに辞めもせず、そうして稼いだお金でレコードを手に入れ、東京暮らしを続け、旅に出ようと企む俺に、害のない人にまで一見喧嘩を売る様な態度でうろつき続ける俺にモラルなどあるだろうか。

どちらにしてもケジメと感謝する事だけは忘れたくない。俺は怒りたがりな年頃でも、ただただ怒りたい訳でもない。そう、何でもない。怒らずに済むならそれに越した事はない。ただ「ナンヤソレ」があまりにも溢れ、俺を狂わせる。誰かが言ったぜ、

「意味のない事で怒るのはもう止めた」

現時点、とても出来た柄じゃない。俺は真っ赤に真っ赤に燃えている。

楽にすれば良いのか、俺は意地を張り過ぎているのか、全てを飲み込めばそれで済むのか。全てに従えばきっと簡単に事は運ぶだろう。バットしかし、その「簡単」程、難しい事はない。

全部出来た柄じゃない。そんな訳で日々は続く。

やる事成す事気に入らないから何にもしない
何にもしないの落ち着かないから動きは止めん

どいつもこいつも気に食わないから動きは止めん
動きを止めたら嫌われそうだぜ 動きは止めん

どうにかなるだろう どうにかしようぜって 
そんな気持ちがあるのなら
どうにかなるだろう どうにかしようぜって 
そんな気持ちがあるだけで


明後日はライヴだ。逆転した世の中に微塵の一石でも投じてやる思いで唄いたい。




at 00:55│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字