August 18, 2009

真っ赤なバイクを超える意思でゴー

dscn32600001.jpg


唯一後悔している事柄といえば車の免許を取り損ね続けている事くらいなモン、

車があれば俺の人生は大きく変化するだろう。

そんな事は安易に想像がつく。

ワーゲンを夢見て早15年強、夢はまだ夢のまま。

原付バイクの免許は見事18歳で取得、

周りは有無をも言わさぬスピードで車の免許を取得していたが

俺はなんやかんやでそれどころじゃなかった。

「何故この時期に原付免許を?」

周りは笑っていたが俺はその八倍、高らかに笑い返していた。

「ほっとかんかいノータリン!」

真っ赤な原付バイクは毎日毎日じゃじゃ馬の如き扱いで乗り回していたが、

今や、その真っ赤なバイクはエンジンさえかからない。

ヴェスパを夢見て早13年強、夢はまだ夢のまま。

バットしかし、茶番劇は一体誰の為にある?

俺じゃない、残念ながら俺じゃないぜ。

何たって今、笑う事しか想像出来ない。

毎日毎日、笑う事しか出来ない。

どんな輩に裏切られても俺はどうせヘラヘラと笑うだろう。

待っとけ甲子園!俺は俺なりに身の程を弁えて出場するさかい。

待っとけ太陽の塔!誇り高く御挨拶させてもらうさかい。

待っとけ通天閣!呼びもせんのに再び俺から出向くさかい。

すなわち西で東で、真っ赤に燃えた人生とツイストダンス。













at 21:19│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字