January 05, 2010

燃やしてしまえ ’10

dscn36410001.jpg


「今年こそは今年こそは」、

そんな風な事唱え続けて、東京にて早10回目の冬を迎えている。

昨日、バスに乗り込む前に銭湯へと出向いた。

そこで見るおっさん達は9割方、まるで雪だるまを意識しているかの如く太っていた。

申し訳ないか知らんが、おっさん達が横を通って行く度に「こうはなりたくない」と強く思い、激しく誓った。

ブライアン・セッツァー、エルヴィス・プレスリー、

色々あるが、贅沢はしてもバランスだけは保ち続けたい。

そんな訳でこちとら、早い段階からもう少しは絞っておきたい心意気、

「まだ良い、まだ良い」などと甘えを繰り返し気付いた時には既に手遅れ、

こんな類いは真っ平御免だ、気に入らない脂肪なんて性欲と一緒に燃やしてしまえだ。

旅を終え、すっかりと擦り切れてしまった愛すべきブーツを再び修理に出す。

ルート・スゥイートホーム沿いに何ヶ月か前にオープンした、職人の如き雰囲気漂う小粋な靴修理専門店へと出向く。

このブーツは一生履き続けるだろう、

妥協に妥協を重ねて新しい靴を手に入れる位なら、修理代にお金を費やした方が75倍賢いと信じて疑わない。

そんな訳で靴はよっぽどの事がない限り買わない、気に入らない妥協なんて物欲と一緒に燃やしてしまえだ。

ところで「正月にはジャズを」、

こんな定義が自然の内に生まれて早7年目の今日この頃、

レコード屋駆け込み、ジャズコーナーを根こそぎ漁り三枚を抜き出す。

さて、「来日したら必ず観に行くアーティスト」代表格、

待ちぼうけて7年強、

ボブ・ディラン突然の来日コンサートが遂に、そう遂に発表された。

おまけに場所は武道館でも東京ドームでもない、奇跡のZEPPツアー、

待ちぼうけた甲斐もあろうかといった塩梅だ。

BGMは加川良、おっとジャズではない。

明日は仕事始め、俺は何から何まで感覚を取り戻すのに必死だ、

とにかく働かなければならない、

東京でやりたい事をやる為には、やりたくない事もやらなければいけない。

もう過去には縛られたくない。




at 22:12│Comments(0)TrackBack(0)│ │散文 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字