January 20, 2010

勝手にしやがれ ’10

相も変わらずしょうもなくくだらない思考に囚われているなら、

ニューヨークだとかボブディランだとか、とにかくヒップな事柄ばかりを考えなくちゃいけない。

何もないから誰も居ない、俺は取り残されてしまったあん畜生。

夜はべろんべろん、朝はぐらんぐらん、

呑まなきゃ良いのに呑まなきゃまるで眠れないってんだから断じて性質が悪い。

そんな訳で今夜も無意識の内にウイスキーへと手を伸ばす始末、

中毒性はこんなところから生まれる。

そして明日も何食わぬむくれた顔をして神聖な仕事場へと向かおうってんだからまったくもって手に負えない。

傷つけてしまった数え切れぬ人間達の顔を思い浮かべてみる。

髪の毛は伸び放題、ツケというツケを払わされながら八倍返しを企む男このワタシ。

俺の人生は間違っているのかも知れないと思ってしまう事くらい、残念ながら日常茶飯事。

ミック・グリーンも浅川マキも逝ってしまったぜ、とにかくヒップな事柄だけを生き甲斐にしなくちゃいけない。

「アメリカVSジョンレノン」という名の映画を観る、観返す。

生きるというのはまったくもって大変な作業だ、すなわち大仕事。

ところでそんな戯言はともかく、新しい唄が見事な感性でもって生まれつつある。

月曜日に月に向かって踊っている男
何か哀しい事でもあったのかい?

火曜日にケツに火を点けて燃え上がる男
やりたい事をやる為にやりたくない事をやる

水曜日はスイスイと泳ごうとする女
「上手くいかない事ばっかりで気が滅入りそうなの」

だから木曜日に木に登り「ワタシは此処だよ」と言う
何か悔しい事でもあったのかい、目が腫れてるぜ


dscn37300001.jpg


詩を書き続けないと俺はもはや生きていけないのかも知れない、勝手にしやがれ。



at 01:06│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字