August 06, 2010

我が愛しのガタピシ精神


DSCN44640001



泳ぎたい盛りの桃源郷このワタシ、

夢遊病者さながら、燃え上がる夏の最中でもはや仕事にも今一つ精が出ない有り様。

そんな時は新しい仲間と過ごすランチタイム、まるで悪くない午後。

イカサマ何ちゃら精神を駆使して連続勤務を乗り越えれば向かう岩手、甲子園、エトセトラ、

夏バテって一体どういう意味だ、

教えろよ、何でもかんでも「~のせい」にしたがるハッタリインチキ野郎共。

俺は20代最後の夏という事実にどうやらそこそこに自覚的なガタピシのあん畜生。

ところで立て続けに観たウディ・アレンの映画の数々、

「泥棒野郎」、「アニーホール」、「ウディ・アレンのバナナ」、

巻き戻し、繰り返しながら何度でも呟く言葉、

「最高過ぎて閉口!!」

皮肉とニヒルとウィットの絶え間なき攻防戦、

モノホンのアウトローにはもはや嫉妬心しか抱けない、

こんなにも胸躍る映画を観たのは久方振りだ。

おっと、一緒に借りた芸術性極まるアダルト女優にもどうやら一言告げとかなくちゃいけない、

「最高過ぎて閉口!」

世の中、相も変わらず可笑しな事柄で溢れ返っている始末。

我が愛しの、俺達を岩手の山奥まで誘ってくれたKEYNAに早く会って抱き締めてやりたい、

「ようやく夢が叶うぜ!」

「夢の暮らし」を山奥で唄うのが俺の夢、

我が愛しのKEYNAが教えてくれたぜ、

「小熊が出るかも知れないよ!」

まったくもってイカす×7兆ジャスト。

ところで奇跡の「一泊二百円」のボロな民宿で二泊を過ごす予定に伴い、

我が愛しの今村竜也兄貴から「これ等の行為は控えろ」などと忠告が入る、

①因縁をつける
②カツアゲ行為
③威嚇
④淫行
⑤シンナー販売

すなわち、誰が暴力団やねん×9000355572。

バットしかし、俺は答えるだろう、

「④は守れそうにもありません」

とにかく旅に出る為には仕事に精を出さなくちゃいけない、

どうせ各々が旅に出る為に闘っているんだろう、俺だって勝ち続けたい。


’10.8.10(火)
ライヴ アット 下北沢デイジーバー


連続勤務の最中で我が愛しのリーゼント野郎から電話が鳴りやがりこちとら間髪入れずの二つ返事、

「おー、任せとかんかい」

溢れ出る新曲を慣らすにはうってつけの機会に賛辞を。

ところで何も食べず「世界のハイボール」を煽る真夜中、

日常と非日常の区別さえ定かでない今日この頃、

100%中1055%ニューヨークへ行こう。


drecom_eroom5session at 01:24│Comments(0)TrackBack(0)│ │散文 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字