August 26, 2010

ずっとこのままでいられたらいいのに ’10


’10.8.25(水)



SONG3



魂の解放区、俺の部屋で乾杯を
俺の部屋に遊びに来ないかい、夜が明けるまで

魂の解放区、俺の部屋で祝杯を
俺の部屋に遊びに来ないかい、笑いが止まらない


快楽と試練を行ったり来たりの常夏UV野郎このワタシ、

断固「試練側」のインチキジョブを終えれば部屋までロードバイクで一目散、

階段を上れば一人の人間が右手に缶ビール、左手にビニール袋の夕涼みスタイルでのさばっている。

一瞬ファンかと思ったが俺みたいなUV星人にはそんなモノなど存在しない事を頭で即座に確認、

「やぁやぁ、入り給え」

そして今村竜也氏が爽快極まるシテヤッタリ顔にてモダンソファに腰掛ける。

三時間半に亘る攻防戦、

「まぁまぁ、俺の功績のオカゲで」

「いやいや、何と言ってもこの俺のあの場面は・・・」

どうしようもない人間を勝手気ままボロカスに罵りながら、

真剣にふざけ続けて精神を堂々とひけらかしている。

「SONG OF HEAVEN」という旅は紛れもなくかけがえのない旅として刻まれた。





我が愛しのKEYNAが言ったぜ、

「曲を映像に使っても良いかい?」

こちとら0.8秒の速度で華麗にアンサー、

「愛しとるさかい」

そう告げたか告げてないかなんて断固くだらない事柄、

何たって気分は告げたにさも似たりだ。

「自由」を極めた様な情景が映し出される映像を二人で何度も見返し、

最後に流れるのはあの場所にすっかりと溶け込んだ俺の大事な曲に他ならない。

「さすがだ、さすがだ」

興奮しながらインチキジョブの事など直ちに忘れ、ただただ酔いを回していた。


’10.8.26(木)


DSCN45560001


「好きな俳優は?」、

こんな問いには考えあぐねながら「ジャン・ポール・ベルモンド」、

「好きな画家は?」、

頭傾げながら「ルネ・マグリット」、

「今、最も好きな言葉は?」、

こんな問いには0.3秒の速度で即座にアンサー、「UV」×7272(夏々)。

一部界隈でその名を一気に轟かせた渡辺雅弘氏が朝も早よから水着にリュックサックの定番スタイルでやって来る。

そこでこちとら、水着にタオルにリュックサックの定番スタイルでセイハロー、

相も変わらずロードバイクまたがり神聖極まる駒澤公園まで一っ飛び。

泳ぎ方を忘れたドンクサ野郎を尻目にイカサマ背泳ぎで水とUVさえ友達にして止まない男このワタシ、

渡辺雅弘氏を水中から持ち上げてどうにか浮かばせる役目さえ担いながら「キャッキャッ」と存分に戯れる。

間髪入れず渋谷美術館、トーキョーヒップスターズクラブ徘徊、

日の焼け具合は前日比1.7倍、なるほど、UVの仕業だ。

10月には永遠の相棒と飛行機にでも飛び乗り、上海だとかソウルだとかグァムだとか何だとか、

「場所なんてもはや何処でもええぜ」などとほざきながらスナック感覚で海さえ越えて、

こうなったらUVをどこまでも追いかけてやろうって寸法。

どうやら俺はくたばる気配もなく果てしなく元気なのかも知れない、

いつまでもこんな感じが良い。


drecom_eroom5session at 23:01│Comments(0)TrackBack(0)│ │散文 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字