August 28, 2010

魂が鈍ると形式が現れる ’10


SONG2



ドンクサイ連中につけるクスリなどない。

無論、塗るクスリもない、開発する薬剤師はいない。

何かの輪には入らない、入れない、入らない。

ヒップな、人間らしい人間とだけつるんでいたい。

俺みたいな人間は一人で良い、

一人いれば充分事足りる、

だからお前も代理の利かない「一人だけ」でいてほしい。

愛想笑いは金輪際お終い、

今日までチヤホヤされてどうにか生き延びてきた様な輩に謝る言葉も使い果たした。

この常夏がもうじき過ぎ去るというならどこまでも夏を追いかけろ。

俺はしつこい、少なくとも必要ある事柄においては。

グァムは年がら年中30℃以上あるって話だ、

決まりだ、容易い話だ、どこまでも夏を追いかければ良い。

眩暈する程の怒りと侘しさと寂しさを抱えながら次から次へと仕掛け続けろ。

お母ちゃんの言葉をフラッシュバック、

「要するに阿呆ばっかりや」

怒りを鎮める楽園まで超特急で向かいたい。

俺はどうやら本物のクレイジーになるには礼儀を知り過ぎている。

何かの輪には入らない、入れない、入らない。

新たな輪を作ろう、一から組み立てる事は可能可能。

「魂が鈍ると形式が現れる」、

ブコウスキーの名文句、意味を説明する必要などある訳がない。

感じろ、ドンクサイ連中には永久に迷宮、理解不能。


’10.8.29(日)
【BOOGIE WOOGIE STOMP】
アット 下北沢ラグーナ
w/黒坂正二郎/草臥れて/Strings Club/etc...
18時開場/18時半開演/1500円(+1drink)


drecom_eroom5session at 21:37│Comments(0)TrackBack(0)│ │散文 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字