November 08, 2013

2013.11.08


「貴方の取扱説明書を下さい」と見ず知らずの連中が云った。

シンプル且つダイレクトに云うけどお前、ソレ失礼だよ×29356。

残念ながらオレは最新型デジタル機器でも魂売り払った企業の犬でも無い。

周りがいくら騙されていても、お金の為に全てを諦めていたとしても、オレはインチキ極まる事柄にはどうしても付き合うコトが出来ない。

そして歯どころか顎ごとすっ飛んで顔が変形してしまう様な質問に行儀良く答えられる程、オレは「大人」でも無い。


「守るモノが出来て全てを捨てた」とアイツが云った。

イカすな!と思う反面、オレには到底、無理だと思った。

一年間全ての活動を休止し、ポリシーを捨て、旅を忘れ、周りの奴等に溶け込んだフリをし、死んだツラして電車に揺られ月から金、

8 to 17 の生活を送ってみようか。送ってみやがれ。送れるモンなら。

バット、そんなコトをすればオレは直ちに自らを守れなくなるだろう。

脳内サインが即座に拒絶反応を提示する、何たって阿呆らしい事柄には一年どころか三日と持たないクチだ。

誰が決めたかも分からん名称を覚え、誰が決めたかも知らんレールに沿って行く、

そんな暮らしが送れる人間をオレはある意味、心底から尊敬して止まない。

明日死ぬかも知れんのにやりたくもないコトの為に時間の大半を捧げるのか、気狂いになっているコトさえ気付かんままに。

やりたいコトはあったクセに、やれなくなって全てを捨てたヤツを山程見てきた。

バット、こちとらそんな往生際の良い育ちでも無い。

「やる気になれば何でも出来る」などとヤケに耳障りの良い言葉が届いてくる。

ソレ、モテるんか?×15371、

残念ながらオレは時給7200円の高待遇だとしても、売りたくもない商品を売るペテン師にはなりたくない。

だから当然、お前にもそんな道は勧めない。

さて、ここでまず考えるべきはこの現状、この種を蒔いたのは一体誰なのかってコトだ。

「ルールのせい」「ポリシーのせい」「日本のせい」、

ソレ、全部引っ括めて貴様のせいだよバカヤロー。

「よくそんなので生きてこれたね」などと大多数の声が木霊する、

「書かないと死よりも酷いものに支配された」と偉人が云った、

ポートワインとタイプライターが欲しい。
 


drecom_eroom5session at 00:48│Comments(0)TrackBack(0)│ │散文 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字