November 28, 2013

アドベンチャー・デ・シャウト ’13


IMG_3248


ピッツァのチラシは捨てずに取ってある。

さて、粘りに粘って散々と遠回りした結果、どうやら運とか何とかって名のヤケにニクいヤツが遂に巡って来やがった。

ここ二ヶ月、ほとんど猿小屋に閉じ篭りチャンスというチャンスを窺っていた。

ここ二ヶ月、伏線を張る為に、後でエゲツナく笑う為に必要なコトは文章に残してきた。必要の無いコトは書くのを止めた。

盛大な一発をカマしてステップアップを企んでいたヤツが華麗なるステップダウンと相成るだなんてモストオブ逆ヒップだ。

時に気が狂いそうで、ハッタリ一匹狼気取りではとても無理そうだった。

すなわち、燦々とグレイテストオブオカマに輝いてしまいそうな瞬間が何度もあった。

バット、1%とてやりたくもないコトをやるのは真っ平御免だと唱え続けてきた。

東京に出て来て間もない20歳時分、観に行ったライヴでダイヴを延々と繰り返して肋骨を折ったコトがあった。

呆れ返ったマイビッグマザーセッド、

「アンタ!コンサートで骨折るって一体どんな状態や!」

そんな遠い日のコトを何故か思い出していた。ムチャクチャだった。

「今回ばかりは随分とヤバいところへ潜り込んだで」などと夜も昼も朝もなく存分にシケ込んでいたがそんなコトはもうどうだって良い、

どうやら一気に掴みに行く瞬間がやって来た。早い話、15回裏9回2死からの大逆転劇を演じるにはウッテツケの態勢、

無論、全てのイメージは夏の甲子園でしか例えられないってな塩梅。

レコード屋に行くどころか、レコードも回さない日が続いた。

滅多に観ないダウンタウン以外のテレビショー、そして唯一胸躍るギャング映画を垂れ流していた。

その映像を眺めながらいつだって考えていたコトは「この方々がこのポジションを築き上げるまでの労力」についてだ。

ところで猪瀬殿、アンタクラスのナスビ野郎は久方振りに見た。

とにかく感覚は鈍っていない。

前が見えん程に伸びていた髪の毛を切り倒した。まずは戻そう、ハッタリーゼント。

オレは今、ようやくエゲツナイ仕返しの態勢を整えたところ。

ところで猪瀬君、アンタクラスの椎茸野郎はとても見るに耐えない。
 

必要なモノは「資金」だ。バット、猪瀬、お前には断固分からないであろう品のある資金だ。

まぁ今、ナスビだとか椎茸だとかトウモロコシだとかの話はどうだって良い。

ピッツァのチラシは捨てずに取ってある、

パンの縁一周丸ごとウインナーが入り込んでいる、あの奇跡そのものな「ピッツァ」って名の真実を注文したい、

33を迎える頃には。
 

drecom_eroom5session at 02:02│Comments(0)TrackBack(0)│ │散文 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字