November 28, 2014

猿小屋ヒット&ラン ’14


CLUTCH


'14.11.21(金) 福岡 / B.B.Kenchan
'14.11.22(土) 西新 / artbookcafe bygones
'14.11.23(日) 警固 / BURARI
'14.11.24(月) 春吉 / バルCLUTCH
'14.11.25(火) 西新 / ワインサカバgaku & amber03



13ヶ月振りの狂乱福岡シティライヴを完遂。

大分別府が延期となり丸7日間滞在、急遽組まれた二ヵ所を含めて計6本を疾走。

ステージに上がればジャスト2秒で全ては変わるのに、本番直前まで気を張り詰め、終わればようやく解放され、アルコールに手を出し、一人になれば文字通りぶっ倒れる。

コレじゃ身が持たんなどと気取るなかれ、全てを終えてまず思ったコトはこうだ、

「明日はライヴ、ないのかい?」。


弦を切りまくり、ギターボディは貫通しそうな程にズタボロ、指には穴が空き、血が滲んでいる、

生きるとはこんな風だろう。

そして今思っているコトはこうだ、

年間194本は演りたい×ファッキングレイツ。

見送ってくれる人、迎えてくれる人、見送ってくれる人、迎えてくれる人、

久方振りに再会した人、初めて会った人、相変わらずな人、どうしようもない人、

取り急ぎ感謝します。動物を食べて生きているコトと同様に感謝します。

福岡を賑わす素晴らしいミュージシャンズミュージシャン、ライヴバーマスター、

また生きてあの地にポンコツブーツを付けたいと心底から思います。

感謝を伝え出すとキリがなくなるっちゃけん、この辺で勘弁と洒落込むとよ。

さて、明日は生まれてこの方、初めて佐野元春を観に行く。

きっと嫉妬だとか敬意だとかそんな類いの感情を抱くんだろう。

そしてその前に、遂に見つけた理想の物件を見学しに行く。

一戸建ての潰れたバイク屋がそのまんま売りに出されている、

こんなロマンは未だかつて聞いたコトも実現したヤツも見たコトがない。

一階部分はガレージ、すなわち、真のガレージロックンロールを体感出来るだろう。

ソレが実現したらそこに「猿小屋レコーズ」と看板を出します、「HONDA」と書かれている文字を削って。

ロマンに脱帽。


 


drecom_eroom5session at 11:16│Comments(0)TrackBack(0)│ │ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字