January 18, 2019

一月の憂鬱 '19


no title


時々、全ての事柄が無意味に思えてしまう季節ってのがある。

一月とは何故か憂鬱だ。

イカす本を読んでも、
映画を観て教養を得たとしても、いくら素晴らしいと思う作品を作り上げたとしても、「果たしてソレが一体どうした」だなんて冷めてしまう季節ってのがある。

一月とは何故か憂鬱だ。

今、猿小屋をゼロから見直している。今、最も憎いモノは「埃」と「寒さ」だ。
片付けても片付けても、何時だって完璧なんて程遠いみたい。

埋もれたまま消えてしまったバンドの音楽を聴く。そのリズムに合わせて踊りながら猿小屋を見直している。

たとえば、カメラマンズというバンドがいた。ジェリーリーファントムというバンドがいた。

「何故、こんなバンドが国民的バンドと呼ばれないままに消えてしまったのか」だなんて考え出したら闇はそこそこ深くなる。

「今、気狂いに突然刺されでもしたら全ては無意味になる」だなんて考え出したらその闇は更に深くなるばかりだ。

しかし、ソレと同時に、今行っている作業がてんで無意味ではないだろうってコトも知っている。そう、生きている限りは。

スケジュール調整、猿小屋整理、頭の中は常にパズルのピースが巧くハマるコトだけを願っている。

組織に属せない連中は今日も我が道を駆け抜けるばかりだ。

一月とは何故か憂鬱だ、早急にこの季節を突破したい。

 

drecom_eroom5session at 08:45│Comments(0)│ │散文 

コメントする

名前
 
  絵文字