July 07, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.3


'20.07.07(火)

もう今年は旅に出るコトさえ叶わないのかも知れない、そんなムードさえ漂っている今日この頃。

元来、7/24〜8/9までの期間は少なからずこの街を離れる気で居た。そう、オリンピックの開催予定だった期間は。


さて、無職さながらの態で早数ヶ月が過ぎた。やりたくもないコト「だけ」やって、でもお金貰えるなら満足です!ってな、奴隷根性剥き出しの無神経な人間には、たとえなりたいと願ってみたところで到底なれない作りらしい。

オレはサラリーマンを心底尊敬している。しかし、サラリーマンはオレをコケにしているってな構図らしい。哀しい。

先日、横浜で開催中のバンクシー展へと出向いた。そこには現物が目の前にあるにも関わらず、一枚ずつを写真に撮り、その撮った画像を確認しては次の写真を撮るを繰り返す輩がわんさか居た。ナマが目の前にあるにも関わらずだ。

頭の中では奴等の髪の毛を引っ掴み、「貴様、ナマの意味が分かるか?」などと吠えまくる映像が浮かんでいた。

しかし無論、そんなコトは実際にはやらない。同じ時代に生きながらして思考がてんで違うからだ。オレにとって奴等は阿呆で、奴等にとってオレは馬鹿の極みだ。相容れる隙もないらしい。

はたまた先日は久方振りに会う友人を誘い、この街のパトロールへと出掛けた。馴染みのバーへはかれこれ5ヶ月振りに顔を出し、苦しい現状がきっとあるクセしやがりながらも全てを笑いに変え、やり繰りしようとするそのマスターの表情、心意気には取り敢えず安堵する。

そして猿小屋真向かいに鎮座し続ける、風情溢れる焼鳥屋へと久方振りに流れ着いた。そこには昔働いていたバーの常連客がおり、その男がオレのコトを大将に紹介してくれた。

すると大将は堂々と煙草を吹かしながら生粋の江戸前口調でこう云う、

「向かいに住んでんだろ?音、聴こえてくるよ。窓、いつもちょっと開けてんじゃん。もっと好きに演りなよ」。

地域密着型の最たる見本。オレはこの街が大嫌いで、そして大好きだ。明日は焼鳥を持ち帰りで決まりだ。

そして大将には断固こう云うだろう、

「出来たら外から直接呼んでや、すぐ取りに来るけぇ」。

スマートとはこのコトをいう。


(901文字)

 


drecom_eroom5session at 05:00│Comments(0)│ │散文 

コメントする

名前
 
  絵文字