散文

July 29, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.4


'20.07.29(水)

風が吹けばそのまま身体ごと舞い飛んでしまいそうなガリヒョロ具合で、7月さえ闇へと消えそうだ。

「本日は×××人感染」ってのはまるでオリコンチャートの様だ。クダラナ過ぎて閉口。

近頃は夕方に眠り真夜中に起床、コレが主流となりつつある。完璧に狂っている。1周遅れなのか先回りなのか、皆目見当も付かない始末。

むしろもう少しこのズレが進行すれば「21時就寝4時半起床」、すなわち、まったくもってのお爺ちゃんスタイル完成と相成るのかも知れないってな塩梅。

実行に踏み切れない情勢、計画も立てられない日々、トドメに連日の雨。「四方八方塞がれて抜け出せやしない」、勝手にしやがれ。

イカす本を読んでも、ニクい映画を観ても、たとえ教養を蓄えたところでてんで満足など出来ない。「で、貴様はどうなんだ?」の自問自答でまた振り出しに戻るだけだ。

最近、あの「マスク二枚配布」なる恐ろしき発想について改めて考えていた。「愚策」と辞書で引けば「マスク二枚」と出てくるべきあの異様さについて。

そんな中、「マスク8000万枚追加配布」なる両目玉を飛び出させるにはウッテツケのニュースが飛び込んできた。関わって得がある様な連中じゃない。気を付けろ、狂っているのはオレじゃない。

今週末、久方振りにDJをする。オレはクール且つポッピンなナンバーだけを回すだろう。

DJをする際、最も気を遣っているコトがある。

偉いのはその盤を探し出したオレでも、今この瞬間にその曲を繋いだDJでもなく、「クール且つポッピンなナンバー」を生み出したバンドそのものに他ならない。

その辺りを弁えてないディガーとは仲良くやれない。

もはや答えは出ている、
クール且つポッピンなモノ」を生み出し続けるしか道がない。


(730文字)

 


drecom_eroom5session at 09:21|PermalinkComments(0)

July 07, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.3


'20.07.07(火)

もう今年は旅に出るコトさえ叶わないのかも知れない、そんなムードさえ漂っている今日この頃。

元来、7/24〜8/9までの期間は少なからずこの街を離れる気で居た。そう、オリンピックの開催予定だった期間は。


さて、無職さながらの態で早数ヶ月が過ぎた。やりたくもないコト「だけ」やって、でもお金貰えるなら満足です!ってな、奴隷根性剥き出しの無神経な人間には、たとえなりたいと願ってみたところで到底なれない作りらしい。

オレはサラリーマンを心底尊敬している。しかし、サラリーマンはオレをコケにしているってな構図らしい。哀しい。

先日、横浜で開催中のバンクシー展へと出向いた。そこには現物が目の前にあるにも関わらず、一枚ずつを写真に撮り、その撮った画像を確認しては次の写真を撮るを繰り返す輩がわんさか居た。ナマが目の前にあるにも関わらずだ。

頭の中では奴等の髪の毛を引っ掴み、「貴様、ナマの意味が分かるか?」などと吠えまくる映像が浮かんでいた。

しかし無論、そんなコトは実際にはやらない。同じ時代に生きながらして思考がてんで違うからだ。オレにとって奴等は阿呆で、奴等にとってオレは馬鹿の極みだ。相容れる隙もないらしい。

はたまた先日は久方振りに会う友人を誘い、この街のパトロールへと出掛けた。馴染みのバーへはかれこれ5ヶ月振りに顔を出し、苦しい現状がきっとあるクセしやがりながらも全てを笑いに変え、やり繰りしようとするそのマスターの表情、心意気には取り敢えず安堵する。

そして猿小屋真向かいに鎮座し続ける、風情溢れる焼鳥屋へと久方振りに流れ着いた。そこには昔働いていたバーの常連客がおり、その男がオレのコトを大将に紹介してくれた。

すると大将は堂々と煙草を吹かしながら生粋の江戸前口調でこう云う、

「向かいに住んでんだろ?音、聴こえてくるよ。窓、いつもちょっと開けてんじゃん。もっと好きに演りなよ」。

地域密着型の最たる見本。オレはこの街が大嫌いで、そして大好きだ。明日は焼鳥を持ち帰りで決まりだ。

そして大将には断固こう云うだろう、

「出来たら外から直接呼んでや、すぐ取りに来るけぇ」。

スマートとはこのコトをいう。


(901文字)

 


drecom_eroom5session at 05:00|PermalinkComments(0)

June 25, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.2


'20.06.25(木) 

スナック感覚で記録を残し続ける心積もりだったが、早くも中9日開いていた。書いては消しを繰り返し、気付けば7月さえ目前だ。

西村賢太を根こそぎ読み漁り、辞書を引き、大衆とは折り合いがつかず、つける気もなく、

旅に出る目処も立たず、理不尽なゴミに絡まれて、その品の欠片もない挑発に乗ってしまうオレはカスなのだろうかなどと思考する。

曇天の下、都知事選挙の演説を聞きに明大前へと向かった。いつからか選挙期間中は何故か落ち着かない胸中を抱える様になった。

別に「貴方は何も悪くない」などと云ってほしい訳じゃない。オレはある意味、充分に悪いだろう。

しかし大学卒業、いい企業、持ち家35年ローンが正しい生き方だとは残念ながら産まれてこの方一度も考えた事がない。

それと同時にオレはサラリーマンを尊敬している。生き方なんて各々でいい。

とにかく変化を決め込むには斬新なニューヒーローの誕生が必要だ。そしてオリンピックは中止でいい。

明大前から歩いて帰る。久方振りにジャズ喫茶「マイルス」の前を通る。完璧な佇まい。

しかしその扉にも、以前はなかった「禁煙」の文字が躍っていた。


(491文字)


 


drecom_eroom5session at 19:29|PermalinkComments(0)

June 16, 2020

ザ・ルポルタージュ vol.1


 2020.06.16(火)

気付けば39になり半年以上が経過した。もう半年も経たない内に40になるらしい。

近頃は本ばかり貪り読んでいる。今日はAM05:12に目が覚めた。昨日も一歩も外へ出ず本ばかり読んでいた。イカす本を読んでいると外へ出る気も失せるって仕組みだ。

本ばかり読んでいると本が作りたくなる。そして文章が書きたくなる。しかしその文章は哀しいかなカネにはならないのかも知れない。

気分を変え、太陽を浴びながら歩きたくなり外へ出た。足は自然と本屋を狙っている。そしてオレが読みたい本は大概置いてない。

便箋を手に入れ、地域密着型の文房具屋で400字詰め原稿用紙を手に入れた。

その昔、「ビートジェネレーション」に倣い、「ポストジェネレーション」と名付けたハイカラな遊びを流行らそうとした。

すなわち、手紙や絵葉書をポストに投函しながらやり取りをする文通の類いだが、このデジタル最先端の時代、まるで流行る気配もなかった。

そういえば先日、映画館に出向く際、電話機を忘れたまま街へ繰り出した。街から猿小屋へ戻るあの5、6時間は胸を張って「スマート」と呼べる時間だった。

あれで良いのだ。

「ポストジェネレーション」復活に向け動き出した方が良さそうだ。

「メールアドレス教えてくれ」などと野暮な事は聞かず、「住所教えといてくれ」と堂々と聞く方がクールだ。

オレは時代遅れの最先端なのか。しかし「時代」なんて誰かが決めた広告みたいなモンだ。くだらない。

もうすぐ40になるらしい。


(628文字)


 


drecom_eroom5session at 14:00|PermalinkComments(0)

April 04, 2020

the long winter vol.4


3月17日、午前の内に神戸空港へ着いた。2020年に入りほとんど初めて、太陽を浴びた様な感覚だった。

それから6日間、晴れは続き、詩の重要さを再確認し、人との出会いを思い、
 意気揚々と下北沢へ舞い戻った。

3月24日、「The Sundance」を猿小屋へ招き、今後の胸躍る出来事について打ち合わせ。ターンテーブルの上ではローリングストーンズ「イッツオンリーロックンロール」が回っていた。

3月28日、急遽穴の開いた下北沢CCOで今村竜也とセッション。今村竜也が云った、「これがラストライヴかも知れんぞ」。その後、今村竜也が帰った後も結局宴は真夜中まで続いた。以前誰かが云った「オレ達は下北沢という村に生きている」という言葉を思い出した。

そして4月。太陽を浴びない日々プレイバック。今、外には出たくない気分だ。誰もが先が見えず、スケジュールを組み直すのもままならない中、オリンピックの延期日程だけは最速で出しやがったなコノヤロー。

今年7月で77歳を迎えるお母ちゃんがいつか電話越しで云っていた、「7月やろ、77歳やろ、スリーセブンや。せやからオリンピック見てから死んだら丁度ええかな思てますねん」

「丁度ええってどないやねん!」、電話は笑って切ったが、個人的なその観点からみればオリンピックは永久に中止でええぞバカヤロー。

ボブディラン中止、ジムジャームッシュ公開延期、規模の小さいオレのライヴも他のライヴも中止、
ライヴハウスは当面の自粛、個人経営のバーは客入りが途絶え、行くヤツは阿呆と捉えられる風潮。そして東北でのオリンピック聖火展示会には5万5000人が殺到したらしい。

主催者がヌカす、「予想を遥かに上回っちゃいました」。ハニーベイヴ、この世はペテンとイカサマ。

オレは閉じ篭っている。誰にも干渉されず、誰にも指図されず、一旦静まる為に。

動く事が悪となり、その悪を唱える奴等が満員電車に乗っているという矛盾。国と国との争いなんかじゃなく、人と人との間から戦争ってのは始まる仕組みだ。加わるな。

今まで詩を唄ってきて最も嬉しかった言葉は「ヤクザの人がアンタの詩を聴いて泣いてたよ」って言葉だと思う。12月の札幌だった。

得意気な顔したこの国のリーダーが云う、一つの住所にマスク二枚を送ります。期待するから馬鹿を見る。アテにするから落ち込む。生まれながらのボンボンは残念ながら理解力に乏しい。ヤクザの方がよっぽど信頼出来るぜ。

オーケー、オレの住居は302号室と303号室をぶち抜いて一つにしてある特殊な構造なので登録住所は二つになる。すなわち、四枚頼むで!ってか。


 

drecom_eroom5session at 07:10|PermalinkComments(0)

March 14, 2020

the long winter vol.3


センバツ甲子園の中止が発表された。スキあらば来週からの関西シリーズの合間に高校球児と甲子園本体に御挨拶へ出向こうと思っていた。

目にも見えない物体に様々な事が潰されていく。所詮人間なんて自然の前では成す術もないんだろう。

当然オリンピックも中止でオーケー、思いながら、オレは断固関西へ行き、ツバを飛ばしながら唄おうと思っている。パイロットが操縦してくれる限りは。

もうムチャクチャだ、矛盾だらけで。

どうやら全ては人頼りだ。布団があり眠れて、ブーツがあり歩けて、ニベアがあり肌が潤う。全ては発明した人物のオカゲだ。オレに出来る事など皆無に近いらしい。

そして今、気掛かりなのは「世論とは寝ない男ランク」ボクのナンバー1、ボブディランがジャパンツアーを敢行するのか否かだ。

オリンピック中止なんてある訳がないと思っているヤツも居れば、中止で決まりだと思っているヤツも居る。

御国を上げての戦争どころか御国自体で戦争が起こるぜ。馬鹿らしい。その列に加わる気は毛頭ない。

何処に行けどもいいヤツが居て悪いヤツが居るってそれだけの話だ。北朝鮮にいいヤツも居ればカンボジアに悪いヤツも居る。香港に醜いヤツも居ればアメリカにイカすヤツも居る。

御国や土地柄でカテゴライズするなんてダサ過ぎる。大阪にも面白くないヤツはわんさか居るってのと同義だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで書き残した直後、ボブディラン来日中止のニュースが飛び込んできた。その足でライブバーへ出向いた。満席だった。

「オレの立場になればオレが正しく、君の立場になれば君が正しい」、ボブディランの言葉だ。


 


drecom_eroom5session at 00:36|PermalinkComments(0)

March 04, 2020

登場人物全員気狂い '20


「オレって本当は間抜けだったのか?この不幸は全て自分で招いているのか?ありうる話だ。実はオレってオツムの足りない、生きているだけでも御の字な奴って事も充分にありうる 
(ヘンリーチナスキー)


電車降りる前に我先にと乗り込んでくるゴミ、改札の出入口で大荷物を抱えて立ち止まっているカス、下を向いて歩く逆スマート野郎、自らの不注意で忘れ物をしたクセに店員に八つ当たりする腑抜け、そして驚いた事にとりあえず謝ってみる店員。

面白くないヤツほどデカい声で喋る。不思議な事に誇らし気なツラを晒しながら。

阿呆にヤラれる前に逃げろ。しかし逃げども逃げども大量に溢れ、目に余る光景。怒りよりも恐怖、嘆きよりも悲哀、登場人物全員気狂い、IQなら2.8ってところ。

何事にも目を瞑り、何も感じない振りをする人間を「大人」と呼ぶなら、オレは永遠のポッピンボーイのまま死に至りたい。

もう10年ほど前、今村竜也氏がオレに云った言葉を今も鮮明に憶えている、

「そんなガリヒョロじゃイチャモンつけてもヤラれちゃうよ」

オールオーケー、オレは殴り合いも水掛け論もしない、宇宙人と闘うよりタチが悪そうだから。

さて、昨今の情勢から、コロナビールの売り上げが落ち込んでいるらしい。オーマーシー、もう許して下さい。

デマ騒動でトイレットペーパーは売り切れ、ライヴは軒並み中止、そして東京マラソンには7万人の観衆。

主催者がヌカす、「集まっちゃいました」。ハニーベイビー、IQなら2.8ってところ。

この世はペテンとイカサマ、洗脳された右向け右の精神、ソレを恥ずかしい事だとは思わないどころか、正しい事だと信じて疑わない図太ささえも持ち合わせているらしい。

コレがラジオ番組ならオレは直ちに一曲お届けするだろう、ヒートウェイヴで「トーキョーシティーダイアリー」。

「気を付けます、受け止めます
マニュアル通りに街を歩き、とにかく何とか生き延びます」

この詩を真正面から捉えるか皮肉と受け取るかはそれぞれの感性だ。

よく居るだろう、「自分らしくあれ!」ってな類いの作られたヒットシンガーの曲を額面通りに受け取って、デリカシーの欠片も無い行為を繰り返しながらも「これがボクだ!」とかホザきたがる輩が。

帰れよ、くれぐれもそのヒットシンガーにも迷惑を掛けん様に静かに。

オレはインターネットなどには引っ掛からないヒップなナンバーを沢山知っている。右向け右な連中には誇らし気なツラを晒してやろう。

しかし奴等の返答は残念ながら火を見るよりも明らかだ、「で?」。プリーズシュガー、仲間なんて無理してまで増やすものじゃない、気付けばそこにあるものだ。絶対に忘れるな。

思いのままに書き殴りながらオレは今もモダンソファに腰掛けて、ニュースを読んだりしている。嫌気が差しては本を読み、本を読んだら頭が動いて止まらなくなる。

体重計に乗ったら+2kgの表示が出た。頭以外、ほとんど動かしてないからだ。

ナニモノでもないオレが品のない言葉を並べながら、同時に脳内では冒頭の言葉を繰り返している、

「オレって本当は間抜けだったのか?この不幸は全て自分で招いているのか?ありうる話だ。実はオレってオツムの足りない、生きているだけでも御の字な奴って事も充分にありうる

電気ストーブがあるなんて奇跡だぜ。IQなら辛うじて8.93はほしいところ。

 


drecom_eroom5session at 06:35|PermalinkComments(0)

February 27, 2020

the long winter vol.2


気付けば近頃はレコードさえも裏返してないな、と思っている。

そもそも音楽自体をほとんど聴いていない。

ターンテーブルにはアールボスティックのベスト盤が乗ったままだ。

オレは回す気がしない、今はただただ自らと向き合う季節らしい。

普段、24時間中17時間は座っているであろうモダンソファが置いてある猿小屋には窓がない。

何処に居るよりも落ち着くが、同時に何処に居るよりも気に障る空間だ。矛盾は永遠のテーマだ。

明確に寒いってのが嫌いだ。まるで虫って事になる。そんな訳で北海道には住めない、こんなに愛しているのに。

すなわち、電気ストーブと魂だけが頼りだ。ほとんど外に出歩く事もなく、答えのない答えを探し続けている。

しかし、そんな事を繰り返していると煮詰まるのも当然らしい。閉じ篭っていても答えなんて永久にやって来ないだろう。

それ以前に「答え」なんてないって事をオレは誰よりも知っているってんだからタマラナイ。

さて、埒が明かんのでターンテーブルのレコードを加川良大将の「教訓」に置き換えて回した。最高だ、根本の美学。

そして新宿へ友川カズキ先生の「どこへ出しても恥かしい人」というドキュメンタリーを観に出向いた。完璧だ、独自の哲学。

大嫌いな新宿が、危うく大好きになってしまいそうなくらいだ。

重要なのは、知らん間に訳の分からんレースに巻き込まれて競い合う事ではなく、脇目も振らず自らが目指す山の頂を狙い続けられるか否かだ。

寒さのせい、時代のせい、タイミングのせい、それ、全部引っ括めてお前のせいだろう。

心底笑う日の為には笑えない期間ってのが必要だ。

宇宙に一人ぼっち、望みもせんのに連れて行かれた様なAM05:18、モダンソファの上で、大声で唄わせてもらおう。




drecom_eroom5session at 05:18|PermalinkComments(0)

February 11, 2020

the long winter vol.1


近頃は無の季節だ。何をやっても満足とは程遠い。

イカしたコップを手に入れても次の瞬間にはこう思っている、「ソレがどうした」、

ニクい映画を観たとて「オレはなんだ?」、曲を書こうにも「一体どうやって?」、

何時だって笑える為には笑えない期間ってのが必要だ。

ほとんどパジャマ姿のままで、朝も夜もなく日々が過ぎていく。外はいつも暗いままだ。

どうやら肩が凝っている。無意味な力が入り、まるで誰かが後ろに乗りかかっているかの様だ。

そう感じ、
オレが今まずやるべきコトは風呂釜をピカピカに磨き上げ、何も考えず凝り固まった肩と頭を労る為に湯舟へダイヴするコトだと踏み、文字通りピカピカに磨き上げた。風呂があるなんて奇跡だ。

そしてお湯をふんだんに使い、のぼせかけた今はこう思っている、「もう風呂に入った様なモンだ」。

肩は凝ったままだ。湯舟にダイヴするのは明日へ持ち越しだ。


さて、持ち越した後、満を持して二日連続で湯舟にダイヴした。入浴剤だって手に入れた。「ロマンティックジャスミンの香り」、小粋なネーミング頼りだ。

感想はこうだ、「で、オレはどうだ?」。肩と頭は凝ったままだ。

先日、2020に入ってから初めて外でお酒を呑んだ。それは愉快且つ痛快なトークで終始笑いと再会で溢れていた。しかし次の日にはこう感じていた、「ソレがどうした」。

危険だ、何をやっても満足とは程遠い季節。

空き物件を見つけては、「此処で昔ながらの弁当屋をやったら絶対に流行るで」などと勝手にそんなコトばかりを考えている。そんな時、店の名は断固「NAKED LUNCH」でキマりだろう。

しかし、残念ながらオレの夢は弁当屋になるコトじゃない。

季節を越せるかはお前次第だ。




drecom_eroom5session at 05:32|PermalinkComments(0)

January 18, 2020

the light up '20


IMG_3422


2020.01.18 AM07:55

誰かの揚げ足を取るコトでしか笑いを取れない奴等の声が左右から聞こえてくる。

オレは笑う気がしない、愉快とは程遠いから。

下を向いて歩く連中が持っているソレと、連中をかわす為に常時左右に目を凝らしているオレとの温度差。

あの電話機の名称をいい加減変更してくれ。文明の利器が悪いんじゃない、許せないのは言葉選びを誤っているって点だ。

しかしオレには名称を変える力などない。クダラナイ事柄は考えるだけ時間の無駄だ。喜びは自らで探すしかない。

近頃は電球のコトで頭がいっぱいだ。街の何処を見てもあれは何ワットだ、あれがLEDなのか、あれの口金はどうだなどと一人ごちている。

この研ぎ澄まされた感覚はレコーディング時のソレと瓜二つだ。何を聴いても音の鳴り方と録り方のコトで頭がいっぱいになるアレだ。

電球よりもレコーディングのコトで頭を満たしたい、思いながらオレはピンクの豆球の下でコレを書いている。

思うにいつも一月二月ってのは忍耐の季節らしい。目覚めれば暗く寒い。モッズコートとブーツだけが頼りだ。

目を覚まし元気になる頃にはもうどこもかしこも閉まっている。電気屋も文房具屋も。

好きだった店がどんどん潰れて行く。隣にあったレンタル屋の家賃は月100万で、その隣にあったスーツ屋の家賃は月260万だったらしい。

そしてこの街のシンボルだと勝手に思っていた天狗神社は知らん間に姿を消していた。

さて、気付けばメインストリートはガールズバーの呼び込みだらけだ。今、この時間もやっている店、それはどうやらガールズバーだ。早朝サービスって頃合いか。

オレは行く気がしない、意気揚々と豆球の話をされてもガールズが困るだろうから。



drecom_eroom5session at 07:55|PermalinkComments(0)

January 12, 2020

ローソクと静寂 '20


IMG_3396


2020.01.08 AM06:38

世間の丑三つ時を突破したこの時間、最も元気なのはやはりボクなのですか?ってな静寂。

おみくじだとか占いだとかの前に、イカす年に出来るか出来ないかってのは自ら次第だ。

いい曲が出来た後でいい珈琲やいいお酒を嗜みながら映画や本を読むのが幸福であり、ただいい映画やいい本を読んだだけでは真のイカす一日とは呼べない。


今年はまたアメリカに行きたいなと漠然と思っていた。 しかし情勢はどうにも穏やかではないらしい。

-------------------------

この辺りまで書いて文章を止めていた。今は2020.01.12、やはり丑三つだ。一昨日はPM17:38に目を覚まし、昨日はそのまま30時間起き続け、今日はAM06:43から起きている。

相変わらずどこまでが昨日でどこからが今日なのか、いつが朝でいつが夜なのかってのが定まらない。

とりあえず今日でも昨日でも思っているのは「東京オリンピック期間中は根こそぎ丸々この街を抜け出していたい」ってコトだ。茶番には飽き飽きとしている。能天気と悪はイコールだ。

猿小屋に閉じ篭り、イカす一日を目指し頭の中を整理する。

PM17:28、高松からライヴを演りに来た男に会いに渋谷のライヴハウスへ出向く。ようやく外に出る時だ。

高松の知った顔の何人かが渋谷に集まれば、そこはもはや高松だ。気分がいい。

気分はいいが途中で抜け出し猿小屋へ舞い戻る。まだ一日は長い。

帰り道、立ち寄った公衆トイレで何やらやかましい外国人三人組と出くわす。何喰わぬツラで横にいる奴等をさり気なく窺いながら、「奴等が突然襲ってきたらボクがまず取るべき行為は?」なんて勝手に自問自答している。

「来るなら来やがれ」、勝手に覚悟したものの奴等はほとんど見向きもせずに出て行った。頭の中の整理に終わりは訪れないって仕組みだ。

真のイカす一日を狙い気付けばAM06:09、世間の丑三つ時を突破したこの時間、最も元気なのはやはりボクなのでしょうか?ってな静寂。

灯していたローソクの火は今、二つとも消えた。

さてオレは今、ローソクにまた二つ新たな火を点けて、この静寂にギターの音を突き刺したいと思っているところ。
 


drecom_eroom5session at 06:20|PermalinkComments(0)

January 04, 2020

モダンソファに腰掛けて '20


 no title


気付けば三日振りに風呂に入った。すなわち、2020初の風呂に。

別に忙し過ぎたってワケじゃない。他のコトを優先させていたら風呂はもう後回しってだけだ。

「お正月はジャズ」という格言がある。まぁ、2009年の年明け頃にボクが勝手に作った戯言だ。

今年の年明けはそんな気分でもなかったが、昨日辺りから一気に火が点いた。今はチャールスミンガス大将の「道化師」を回している。タイトルからしてピッタリだろう?

無事に元旦を迎えて早々に初詣へと出向いたが、そこには長蛇の列が出来ていたのでおみくじだけ引いて引き上げた。

帰り道、2020年初の買い物をした。不要な買い物はしない。しかし、ボブディランのコンサートチケットは必要だ。

その日の夕方、次の日の夕方も神社へと訪れたがまだ長蛇の列は続いていた。引き上げた。神様もお忙しいでしょう?ってコトで。

そして本日、列が短くなったコトを確認し遅ればせながらお参りをした。沢山笑えます様に。

お参りをする直前に見つけた神社の張り紙にはこう書いてあった、

「おみくじはお参りが終わった後に引くのが神様への礼儀です」。

オーベイビー、堪忍してほしい。

40になる前に頭の中に抱えている様々な事柄を形にしたい。誰かの芸術を観て批評だけして満足みたいな輩には生まれ変わってもなりたくない。

そんな輩にこそ神様、罰を当ててやってくれよ。

「今年も宜しくお願いします」の前に、宜しくやってもらえるか否かってのはこちとら次第だと年々強く思う。

オーケー、誰かにとっては「そう思うならまずは風呂入れ」ってコトになるだろう。

このファッキン情報社会、全員の意見に耳を傾けていたらもはや残るモノはたったの一つ、「何も行わない」って行為だ。すなわち、御免だ。

オレは今、ミンガスを止めて、昨夜降ってきた曲を完成に導こうと思考しているところ。

沢山笑おう。
 


drecom_eroom5session at 05:06|PermalinkComments(0)

October 22, 2019

歴史 '19


IMG_3055


オレにとって一番の癒しは、履き潰されたレザーブーツの写真をただただ眺めるコトだ。

余計なコトは考えず、そうなったまでの経緯についてだけ考える。すなわち歴史について。

何年も前、場所は福岡でのライヴを観てくれていたマダムが身内にこんなコトを囁いていたと後で聞いた、

「足元が寒そうで可哀想だわ」

当時、オレのブーツは穴だらけで、オマケにつま先が破れパカパカで、中の靴下まで見えていた。

その言葉を褒め言葉と受け取るのか、侮辱と捉えるのかなんて人それぞれだ。そこにはただ歴史があるだけだ。

さて、2019の終わりに向けて始まる今回の旅は、どうやら東京に戻らず行きっぱなしの旅の中で過去最長のモノになるみたいです。

19日間で17本、無事にコトを終えて東京に戻って来れた暁にはその足でブーツ修理屋に駆け込みたい所存です。

準備と行動と経験の繰り返し、それを続けている内にいつか必ずやって来る事実がある、死だ。

穴の開いたギター。哀しいと感じるのか、嬉しいと捉えるのかなんて人それぞれだ。

何処かの町でお会いしましょう。

 

drecom_eroom5session at 08:08|PermalinkComments(0)

July 29, 2019

SWEET AND DANDY '19


no title


2019の7月も佳境に差し迫る今日この頃、気象庁は梅雨明け発表を勿体振り、オレはといえば定位置に座りジャマイカンミュージックとそれにまつわるレヴェルミュージックに身を捩らせている。

暫く触れてもなかった、「Jamaica」と書き殴った仕切り版の枠内に収められているレコードを掘り起こしてはその素晴らしさに改めて感嘆している、その精神に。

去年の今頃は、兵庫県豊岡市竹野町で行われたレコーディング合宿への準備で身を捩らせていた。基本的には「ギター一本だけで一枚作る」という自らの目論みに従い、「ライトアップ・ザ・ポリシーズ」は果敢に完成へと漕ぎ着けた。一喜一憂の忘れ難い日々だった。小林琢也の優しさとオレの執念みたいなものが記録されたアルバムだと思っている。

オレはスペシャルズのやり方を見て、コレを一人で表現してやろうと思い、弾き語りの道へ入った。メンバーに頼らず、まずは一人で何が出来るのかを試してみたかった。

25歳直前の12月、バンド仲間に誘われて初めてまともにアコースティックギター一本だけでステージに立った時の一曲目は無論、スペシャルズ(原曲はダンディリヴィングストン)の日本語版だった。

あの瞬間から今に至り、知らん間に
アコースティックギターには穴が空いた。死ぬ奴は死に、辞める奴は辞め、誰が決めたかも分からん様な「社会のルール」とかってカテゴリーに当て嵌められて消えてしまった。そしてオレは、まだまだこのまま行きたいと思っている。

ビートジェネレーション、岡林信康、
ヒッピー、ボブマーリー、スペシャルズ、パンク、共通点は全て「レヴェルミュージック」、そしてどうやら「政治」へと辿り着くってな仕組みだ。

「ゴタクをゴジャゴジャ、コレはコレでこう?右側の勝利者としてだって?洒落臭いお前、幸福の扉のノックはオレがし続けるぜ」

右とか左とかそんな左右の話はどうだっていい、オレは前か後ろかの話だけがしたい。

もう二度とこのままでは唄わないであろう初めて弾き語った時の「Rudy,a message to you」の詩が見つかった。今読めば詰めは甘いが、伝えたい気持ちは何も変わらない。

前だけ見据えて次のやり方を模索したい。ポイ捨てと自由は結び付かない。



IMG_2664

 

drecom_eroom5session at 07:19|PermalinkComments(0)

July 02, 2019

七月のベター '19


オレはPM21:23にようやく目を覚まし、AM04:37にようやく顔を洗ったところ。その間にボクシングのパンチングボールを注文し、御飯をいただいた。

それが朝御飯なのか昼御飯なのか、皆目見当はつきそうにない。

気付けば七月、梅雨前線のど真ん中。不愉快の最先端、ギターさえもベタついている始末。別の顔をした太陽がいる北海道、若しくはサンフランシスコ辺りへ一目散に舞い戻りたい気分。

「太陽は一つだけ」だなんて、オレは断固信じたコトがない。

思考は次から次へと向かっている。それはファッションブランドが夏のアロハシャツを売り出している時に、真冬のアイテムについての最終会議を行っているのととてもよく似ている。

下北沢で煙草を買って帰ろうと思っている時、オレは新宿駅に居る時点でその小銭を既に握り締めている様な男だ。だからこそ、改札口の手前で切符を探してアタフタしていやがるドンクサ星人にはどうにも我慢がならない。それでいて、降りる人を待てずに我先にと乗り込もうとしてきやがるナスビ野郎みたいに頭イカレてもいない。

準備が早過ぎて、準備していたコトすら忘れてしまっている時がある。どうやらIQは低めらしいが頭はまだ正常だ、約束を無駄にしていない限りは。

AM07:27、今から入ろうと思っている風呂は朝風呂なのか一仕事終えた後の風呂なのか、そんなコトはもう誰にも分からないってな塩梅。


 

drecom_eroom5session at 06:18|PermalinkComments(0)

April 18, 2019

フィッシンオンライフ '19


IMG_2131
IMG_2134


まだ「夏」と呼ぶには早いのか。この冬「寒い」と吐いた回数なんと二千強、使い古しの言葉はええ加減、海に投げ捨てろ。定型文なんてロボットでも吐ける。

4月上旬、山口県周南市は25℃近くあった。「暑い」とホザく時が遂に来たのかと思った。移動の合間、相棒の下原元気と釣りをした。

一人旅と一人じゃない旅との違いはただ一つ、より自由になれるのかなれないのかって点だ。

ソレは気心知れた人間とじゃないと成り立たない。南の方へと旅に出て、途中で北九州のアレンギンズバーグ、下原元気と合流した。

ヤツは2006年頃、東京は三軒茶屋のライヴバーで知り合った。ブランクが10年近くもあったが見事去年再会し、ポッピンな関係は今も続いている。音楽と人間性のオカゲだ。

ヤツはまるでオレとは真逆の性分だ。どうやら血液型はオレと同じA型だという。カテゴライズなんていかにクダラナイ事柄かってのが手に取る様に分かる。

ヤツの釣り竿は15000円で、オレが借りたのは1500円のモノだった。玩具みたいなルアーに玩具みたいなリール。

釣るコトが目的ってよりも、ただ雰囲気を楽しんでいた。そして胸中は穏やかの最先端だった。ただただいい時間を過ごしていた。

次の日、チェックアウト後、次の街へと向かう前にオレは云った、「もう一回、釣りをする時間はあるかい?」、

そして前日とは違うスポットへと出向いた。「お前、ほんまにこのルアーで釣ったコトあるんか?」と聞いた直後、ヤツは得意気な顔で魚を釣り上げ、そして直ぐに海へと返した。

そのクールで無邪気な仕草を羨まし気な顔で眺めた。「そろそろ行きましょう」と満足気なヤツを尻目に「もう一回だけやらせてくれ」とせがみ、最後に垂らした糸へ遂に魚が喰い付いた。

あの瞬間の快感こそ生きている理由だ、とかヌカすと大袈裟だが、実際そうなのかも知れない。オレはクールな仕草を真似て、釣り上げた名も知らん魚の目を見て云った、

「おー、痛かったよな」、そして直ぐに海へと返した。名も知らん魚は泳げる喜びを感じている仕草で海の底へと消えた。

記憶に残るいい時間だった。その時、脳内ジュークボックスからは釣りにまつわる曲が何曲か回っていた。

来週からまた旅が始まる。「暑い」って言葉なら二万回吐いたって苦にならない。

生きる上での目標があるとするならただ一つ、ロボットにだけはなるなってコトだ。型にハマった奴等の指図こそ悪の根源だ。

とにかく死ぬ前に、「暑い」ところで会おう。


IMG_2152




drecom_eroom5session at 09:33|PermalinkComments(0)

April 01, 2019

四月の咆哮 '19


IMG_2084


新元号は「浪漫」でいい。オレが眠っている間にそう発表しといてくれ。 

バランスを損ない、リズムを奪われ、ほとんど閉じ篭っている内に四月だ。

この調子で行くと2019年のオレは「12点しかやれません」ってなコトになりかねない。こちとら93点はほしいのにだ。

点数を与えるのもオレならもらうのもオレだ。敵なんかどうでもいい。

より高い点数を叩き出す為にはやはり、新たな荒野へと向かう必要がある。

ショーケンが死んだ。会ったコトもないが、何故かダメージが大きい。大切なモノを一つ、失った様な胸中だ。

歯医者通いは続いている。クラシック調にアレンジされた「アヴェマリア」をBGMにして、あの歯医者特有の機械音が鳴り響く室内はもはや狂気だ。

四月、飛び出した場所でオレはようやくリズムを取り戻すだろう。白い歯で会おう。


IMG_2075




drecom_eroom5session at 07:11|PermalinkComments(0)

March 08, 2019

タンブリンダイス '19


IMG_2006
IMG_1981


電車ーバスー飛行機ーバスを乗り継いで13ヶ月振りに福山へと帰った。目的はまず一つ、お母ちゃんに会う為だ。

ヤツはボブディランの二歳下。まるでボケる要素もなく、得意料理を振る舞い、TVのクイズ番組に答えを出し、オレを「汚いルパン」などと罵っている。

オレはここぞとばかりに食べまくり、三日間でジャスト二週間分は平らげた気分だ。

大好きな自動車博物館へと出向き、粋なトランクを後ろに乗せたバイクに跨がり、モダンなストライプソファがあるクラシックカーの運転席に鎮座する。

いくら気取ってみたところでオレには決定的な欠点がある。免許がないってコトだ。

何十年か振りに「鞆の浦」まで足を伸ばし、何をするでもなくほっつき歩き、ただ其処に居る人達を眺めたりする。

精神は安らぐが同時に不安は常に隣り合わせにある。このままじゃいけない。

「また来ます」とお母ちゃんに告げ、雨のトーキョーへと戻って来た。いつからか此処が戻る場所になった。今や福山よりも長い年月、この苛立ちの街に居る。

一念発起して、長年燻っていた歯の治療に出向く。病院に行くコト自体数年振りだ。完璧にヤラレる前に出来るコトはヤっとくべきなんだろう。

レントゲン写真を見ながらドクターがヌカす、「格闘技とかやってました?」。歯を食いしばる力がヤケに強いらしいが、残念ながらオレはただのガリヒョロボーイだ。

診察台に寝転がる「まな板の上の鯉」このワタシにドクターがホザく、「もしも痛い場合は左手を上げて下さい」。

そして何もされてない段階から一目散に左手を上げようとしている男このワタシ、「オレってひょっとしてオカマの最先端に君臨しているのかも知れない」、一人ごちる。

治療を終え麻酔で痺れたベロを気遣いだらしなくヨダレを拭きながらドクターに告げる、「とうもはりかとぅこさいまひた」。そう、一人ではてんで無力だ。

口の中にはクスリの不愉快な味が残っている。オレはソイツを今、レモンハイボールにて流し込んでいるところ。どうやら不愉快な味は一層広まるばかりだ。

このままじゃいけない。

そう思い、ギターを抱えたら簡単に曲が出来た。重要なコトはまず一つ、腐らないってコトだ。




drecom_eroom5session at 05:44|PermalinkComments(0)

March 02, 2019

三月の殺伐 '19


 IMG_1958


いい映画を観たからと云って、ソレだけでいい一日とは呼べない。

美味い御飯を食べたからと云って、ソレだけでグッスリとは眠れない。

サイコビリーを回しながらファーフゥーと踊り叫んでいても、ソレだけでオレは最高だなんて思わない。 

核の部分が霞んでいると、精神も歪んでくる。気取るならブレるな、最低限のマナーだ。

二月は東京でライヴが四本あった。各地の人間らしい人間達と会い、よく笑い、よく呑んだ。いい一日だった。

いい写真を何枚も送ってくれるカメラマン。カメラマンズ。いいカメラで撮ったいい編集。オレには出来ないコトをやってくれる立役者達。

いい相棒にいい理解者、いいレコードにいい悪友。どれもこれも最高だ。最高なクセに、ソレだけではまだ満足出来ない。核があと291倍、際立ってないと真の満足に手は届かない。

「(I can't get no) satisfaction」を今こそ爆音で回してくれ、無論7インチで。

我侭だと人が云う。求め過ぎだと人が云う。生意気だと人が云う。

パズルを埋める作業は続いている。多分、永久に続くんだろう。選んだ道である限りは。

明日から何日間か広島へ行く。トランクにはまず本を詰めるだろう。サリンジャーとかジムトンプスンとか。あとは少しのパンティと、アーガイルの靴下さえあれば充分だ。

そしてお母ちゃんはまた云うだろう、「アンタ、髭剃れ」「息子と思われたないから離れて歩いてや」。

最高だ、踊り続けよう。

 

drecom_eroom5session at 08:50|PermalinkComments(0)

February 04, 2019

二月の混沌 '19


満足のいく仕事がほとんど何も出来ないままに一月は去ってしまった。太ってもないのに太った事を気にしている女の様な気分が続いている。

棒読みの「お疲れ様です」なんて骨の折れた傘と同義だ。すなわち、無意味だ。興味が無い。

こんな事を書き殴る意味があるのかさえ定かでないが、4月頃に読み返した時には笑える様に残しておこうと思う。オレは今、何日も書いては消してを繰り返しながら、着地も見えんままにまたタイプを進めているところ。

ピシャリ一言で書くと、近年稀にみるほどに具合が悪い。車で例えるならガソリン、ストーブなら灯油、絵描きなら絵の具切れの類い。そう、まるで冴えてない例えだ。

無論、時節になぞってホザくとするなら「鬼は外」ってヤツだろう。

特に何があったってワケでもない。というか、何も無さ過ぎるってのが気に入らない。幾万の内の一にならない為の道だけを探している。

冬の暗さ、寒さのせい、蟻みたいな行列のせい、マニュアル人間のせい、などと誰かのせいにするのは容易いが、そんな言い訳はオカマのやる事だ。

そういえば何年か前、突然こんな風に云われたコトがある、

「アンタの発言は私の親も読んでるんだから気を付けてね」。

その言葉に従い、ただ、嫌われないでいようと心構えした瞬間に叩き出される点数はそう、平均点だ。てんで興味が無い。

8年ほど前、お金がほしいが為だけに迷い込んでしまった「仕事場」で、当時まるで仲良くもなかった男が吹っかけてきた言葉がフラッシュバックする、

「あのー失礼かもしれないですけど研修って言葉、世界一似合わないですよね?」。

有名俳優は逮捕され、オレは逮捕もされず今もタイプを進めている。どうやら幸せだ。

ところで、今日の東京はカリフォルニアみたいな気温になるという。言い訳ながら、冬はもう終わりでいい。




drecom_eroom5session at 10:23|PermalinkComments(0)

January 25, 2019

ゴム手袋を捨てろ '19


IMG_1893
 

神経が過敏だ。何をやっても満足出来ない。

気になるコトがある時にまずやるべき行為はただ一つ、気にならなくなるまでやるってコトだ。

一月に入ってほとんど、整理整頓ってヤツに精を出している。何故、こんなコトに神経を持っていかれているのか、もはや自らでも理解不能だ。今は時々やって来やがる、何もかもが無意味に思える季節らしい。

因みに年末の風呂場のファッキン黒ずみとの格闘は、辛うじて7対3での判定勝ちってな塩梅だった。もっと完璧な勝利がほしい。

さて、ゴム手袋などを両手にはめてオレは何をやっているんだろう。神経はそう、他の事柄に費やしたい。 

冬ってのは大嫌いだ。眠る気にならず、眠ればてんで起きれる気がしない。

しかし唯一、このクダラナイ季節にでもメリットがあるとするなら、様々な音楽を聴きまくり、ゴム手袋をしながらでも踊り唄っている。本来、291万枚は売れるべきだったバンドマン達のレコードを回しながら。

そう、明日はステージに立つ。博多天神からは京田つよしがやって来る。東京では遂に初共演だ。すなわち、いつまでもこんな季節の中に埋もれるワケにはいかないって仕組みだ。

「漢の中の漢」って言葉は、オレの中では京田つよしと京都のギアマスがまずは思い浮かぶ。合言葉は「クール」に他ならない。

そして酔いどれ花村雷蔵、DJはTatta、オマケに右往左往の総本山このワタシにて繰り広げるロマン、

ゴム手袋などさっさと踏み潰して楽しもうぜ、ジャングルライフ。


https://www.akinoritaka.net/




drecom_eroom5session at 16:37|PermalinkComments(0)

January 18, 2019

一月の憂鬱 '19


no title


時々、全ての事柄が無意味に思えてしまう季節ってのがある。

一月とは何故か憂鬱だ。

イカす本を読んでも、
映画を観て教養を得たとしても、いくら素晴らしいと思う作品を作り上げたとしても、「果たしてソレが一体どうした」だなんて冷めてしまう季節ってのがある。

一月とは何故か憂鬱だ。

今、猿小屋をゼロから見直している。今、最も憎いモノは「埃」と「寒さ」だ。
片付けても片付けても、何時だって完璧なんて程遠いみたい。

埋もれたまま消えてしまったバンドの音楽を聴く。そのリズムに合わせて踊りながら猿小屋を見直している。

たとえば、カメラマンズというバンドがいた。ジェリーリーファントムというバンドがいた。

「何故、こんなバンドが国民的バンドと呼ばれないままに消えてしまったのか」だなんて考え出したら闇はそこそこ深くなる。

「今、気狂いに突然刺されでもしたら全ては無意味になる」だなんて考え出したらその闇は更に深くなるばかりだ。

しかし、ソレと同時に、今行っている作業がてんで無意味ではないだろうってコトも知っている。そう、生きている限りは。

スケジュール調整、猿小屋整理、頭の中は常にパズルのピースが巧くハマるコトだけを願っている。

組織に属せない連中は今日も我が道を駆け抜けるばかりだ。

一月とは何故か憂鬱だ、早急にこの季節を突破したい。

 

drecom_eroom5session at 08:45|PermalinkComments(0)

January 09, 2019

魂が鈍ると形式が現れる '19


 IMG_1862


今はもはや、「年末年始」と書いて「過去の産物」と読める。ドサクサ紛れの高熱にうなされながら、「寝込むなんてオカマだ」というポリシーに則り日々をやり過ごしていた。

年明け早々、気合いを入れる為にまず観返した映画は「ブコウスキーオールドパンク」。

何気なく、何者かも知らず、一枚のフライヤーだけを頼りに原動機付自転車で駆け込んだ2005年渋谷の映画館、そして観終えた後の爽快感だけが今も胸の中にある。

2019を彩り豊かに囃し立てる為にまず重要なコトは、動き続けるってコトに他ならない。「平凡」ってのは強固性に合わない。

一人だけではどうにも出来ないコトがある。今は一人でも出来るコトを着実に一つずつ片付けている。必要なモノを残し、不要なモノを捨てまくるって作業だ。

ヤケに薄い手帖を買ってしまった。書くスペースがなくなる程の分厚いヤツを買うべきだった。

常に8歩先の事を考えている。例えば新宿に居る時、オレは福岡に居る時の事を考えている。そして福岡に居る時には、北海道の事を考えている。

そして北海道に居る時には・・・、死ぬまで繰り返しだ。

何もかも巧みにコトが運ぶだなんて思ってもないが、今はまた新たなターニングポイントの渦中に居る様な気分。

魂を鈍らせるな、形式なんて後ろから勝手についてくる。

 


drecom_eroom5session at 07:35|PermalinkComments(0)

December 21, 2018

ぶちまけろ '18


アルバム制作、その後に立て続いたライヴ行程を果敢にクリアし、ようやく少し落ち着いた様な気分。しかし落ち着いたら落ち着いたで何とももどかしい胸中にもなってくる。

どっちつかずのポッピンボーイこのワタシ、とっとと向こう一年分のスケジュールがほしい。

そんな中、ジェニーが猿小屋を去った。ヤツはオレを随分と助けてくれたが、オレはヤツに何か出来ただろうか。考える事は塵の如くあるが、別に仲違いしたってワケじゃない。「また此処でレコーディングしましょう」、そう告げて別れた。

先日、空っぽになった部屋でブーツを磨きながら「亀岡寛明のエゾサリヴァンショー」を聴いていた。すると突然、「今日はパレード」というオレの曲が聴こえてきた。

不思議な気持ちになりながら、よくラジオを聴いていた10代時分の事を思い出した。時代は変われど、いつだってラジオは魔法だ。

さて、猿小屋を断固維持すべく今は様々な角度から見直しを計っている。そして今、最も気になっている部分は風呂場の黒ずみだ。オレってひょっとしてオカマなのかも知れない。

しかし、気になり出したら気が済むまでやれってのが信条だ。

格闘する事、早三日。いくら泡立てようがタワシを用いて擦ろうが黒ずみは黒ずみのまま其処に鎮座している。その強い意志に思わず一人ごちる、「かっこいい」。

それでも負けを認めるワケにもいかず、オレは遂に文明の利器を駆使してやってしまった、「風呂の黒ずみ 落とし方」なんてタイプして検索ってヤツを。オレってオカマなのかも知れない。

「クエン酸がどうの重曹がこうのをミックスして風呂場の床にぶちまけ、ラップをして一時間ほど放置し、その後で洗い流せ」とか何だとか、オレには医学の話同様、まるで馴染みのない言葉の羅列がそこには記されてあった。

オレは何をやっているんだろう。そんな事より向こう一年分のスケジュールに取り掛かりたい。

オールオーケー、オレは今、ジミヘンドリックスの「BBCセッションズ」を聴きながら、奇跡的に持ち合わせてあった重曹と食器用洗剤を適当に風呂場の床にぶちまけ、ラップをして律儀に一時間放置しているところ。





drecom_eroom5session at 08:27|PermalinkComments(0)

October 05, 2018

【ライトアップ・ザ・ポリシーズ】ライナーノーツ B面


裏ジャケット 完成版


7, 喜怒哀楽な男 -a delightful man-


この曲は25歳くらいの頃からあった。ライヴでは全く演ってなかったが、歌詞はずっと頭に残っていた。今唄うのはどうかとも思ったが、歌詞を読みながらオレは何も変わってないんだって事になり入れる事にした。六弦を一音下げてギターでベース音をオーバーダヴィングした。



8, マリファナ女が宙を舞う -Marijuana girl flying in the air-


今年の5月か6月辺りに突然出来た。出来たというか、気付けばあった。歌詞は蛇口を捻れば出てくる水かの如く一気に書き上げた。この歌詞の全てを説明するのは自らでも困難だが、コーラス参加のカンダケイコが云った言葉が印象的だった、「この主人公は死んだの?」。解釈は千差万別でいい。「作り笑いなら止めておけ」「カテゴライズは身体に毒」、これはオレの口癖。


9, その闇 -that darkness-


この曲は当初、録音する予定じゃなかった。他にあった「ないものねだりのオンパレード」という出来かけの曲を色々試しながら、どうにも気に入らず苛立っていた時、持ち込んでいたレコーダーからこの曲が聴こえてきた。歌詞は随分前からあったが、ちょっと手直ししてギターを至って静かに弾いた。「大きな声で呼びな。大きな声で叫ぶ名」。



10, 今日はパレード -today is a parade-


息抜きに海へ行き、洞窟までの長い距離を泳いだら波にさらわれそうになって溺れかけた。ヘロフラになりながら帰った後、小林琢也のギターを録った。音を聴いたら直ぐに元気は戻った。
この曲は小林琢也のアヴァンギャルドギターがあってこそだ。邪魔者は要らないパレード。


11, 手紙 -the letter-


9分16秒、今まで作った中でどうやら一番長い曲になった。でも実は歌詞はもっと長いヴァージョンがある。13分くらいになるかな。この曲を収録した盤を一刻も早く作りたかった。当初のアルバムタイトル候補はそのまま「手紙」だった。完成して嬉しい。ハープを録音するのには時間がかかると思ったが、なんと仮歌を唄いながら同時に試しに吹いた一回限りのヴァージョンをそのまま採用した。


御国をあげての戦争をまた始めるつもりですか?
目の前の争いだけで手一杯なのに
何処に行けどもいい奴が居て
悪いヤツが居るってそれだけの話なのに


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


オールオーケー。あとは各々の解釈で楽しんでもらえます様に。





drecom_eroom5session at 01:30|PermalinkComments(0)

October 03, 2018

【ライトアップ・ザ・ポリシーズ】ライナーノーツ A面


LUTP 曲リスト 完成版
  
遂に10月を迎えた。9月29日、製作開始から僅か2ヶ月足らずで完璧にキャラメル包装されたパッケージ作品が猿小屋へと到着。

カッターで段ボール箱を開ける時、あの瞬間こそがロマンの塊だ。ありとあらゆる麻薬をまとめて打ち込んだ様な胸中にもなる。これはさぞかし品のない例え話だが、とにかく高揚感で空も飛べそうってな気分だ。脳内麻薬だけでトリップは充分に可能だ。

音に始まりジャケット撮影、ブックレット、映像、ホームページ刷新、フライヤー作成、資料作り、エトセトラ、弾をしこたま詰め込み、そして一発ずつを確実に発射する。

その作業全てに携わってくれた小林琢也を筆頭に、ワイルドタフネスな猿小屋仲間達がいたからこそ出来た芸当です。

盤が届いて、初めて客観的に音を聴けた気がする。オレが今、どうかホザかせていただきたい言葉はたったの一つ、

「コイツ、なかなかええがな」って事です。

少なくとも8月から9月にかけて、「ポリシー」って単語を世界一口にし、宇宙一紙に書いたであろうポッピン野郎このワタシ、今は
もうすぐ始まる旅の事を思考しています。そして2019年の事を目論んでいます。

すなわち、作業ってのは永遠に終わらない仕組みなんだな。

さて、旅に出る前に簡単なライナーノーツ、というか、録音した際のドキュメントを残しておきます。書き出すとキリがないのでなるべく簡潔に。

おまけに歌詞カードには載っていない、どっかの資料で提出してくれと頼まれた曲の英語タイトルも残しておきます。レッツへビーリッスン!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


1, 恋とスモーキンシガレット -love&smokin cigarette-


竹野に辿り着いて最初に録音した曲。どんな手法で録っていくか、小林琢也もオレも最初は探り探りだったが、この曲を録る過程で直ぐに理解し合えた。試しに録って、聴いて、録って、聴いていく。このアルバムのテーマは当初、オーバーダヴィングはなるべく避けるって事だったが、いきなり「絶対にここにはギターソロが要る」と思いついた。先が思いやられもしたが、断固実行した。ライヴとは違う広がり方と唄い方。歌詞はいつか、ジェニーの運転する車の助手席で吹かしていた煙草の灰がお気に入りのブーツに落ちていく瞬間を見た時に、頭の中でほとんどを書いた。


2, 珈琲の匂いのする方へ - to the smell of coffee-


曲自体は前からあったが、言葉が巧く乗らず、唄い方も分からずにいた。しかしどうしてもこのアルバムに入れたかった。未完成の状態で試しに録り、「コレはダサいな。考える時間をくれ」とか云いながら徐々に完成へと向かった。この曲には女コーラスが断固必要だと思っていた。カンダケイコに曲を送ったら、「悪い感じなジャズシンガーっぽく?それからウィスパー姉ちゃんな感じでいく?」などと気の利いた返事があった。そして録音し終え、ヘッドフォンを外した瞬間には興奮して云った、「おい、ジョーンバエズやないか!」。イメージ通りだ。最高だ。


3, ロールオンザストリート -roll on the street-


曲自体は前からあったが、言葉が巧く乗らずにいた。しかしどうしてもこのアルバムに入れたかった。「とにかく今日は時間をくれ」と、丸一日かけて練り直したら一気にハマる言葉が降ってきた。それから何度も録り直し、遂に完成を迎えた時には完全なるトリップ状態だった。小林琢也に聞いた、「なぁ、コレ最高じゃない?なぁ、どうなん?いや、最高やろ」だとか何だとか。その日の夜、「今日はこの曲の完成を記念して焼き肉を食べよう!」と小林琢也が云った。いただいてからぐっすりと眠った。旅の詩。


4, メンフィスのバラッド -Ballad of Memphis- 


2012年、初めてメンフィスに飛んだ。その時、目の当たりにした光景はまさにジムジャームッシュ監督の「ミステリートレイン」の世界そのものだった。当時、何度かライヴでは唄っていたがその時とは曲の構成も歌詞も異なる。記憶はずっと頭の中にある。どうか絵を浮かべながら聴いてほしい。旅の詩。


5, 街の灯 -city lights-


2017年9月、オレはアメリカを再訪する事に全てを賭けていた。サンフランシスコに「city lights books」という輝かしい歴史を持つ本屋がある。「その本屋の前で大好きな誰かと待ち合わせをしたなら」という空想の元、一気に詩を書き上げた。シティライツの間近にある「North Beach Hotel」の、とても綺麗とは云えない一室で。
曲は東京に戻ってからつけた。


6, 自由な犬 -free dog-


竹野で最後に録音した曲。当初の目標は10曲だった。しかし10曲を録り終えた後、もう一曲どうしても必要だと思った。合宿最終日、
丸一日かけて一から作った。どうしても竹野って町での風景をパッケージしたかった。その場所には小林琢也の愛犬、めーめちゃんがいた。これまで何度も会った事のある奴だ。どうやって竹野への思いにケジメをつけるべきか、悩みあぐねているオレを横目にコイツは呑気に横で眠り惚けていた。この生意気な愛すべきアウトローをテーマにしてやろうと思った。ラストの言葉はコイツのセリフだ、「使い古しの言葉は捨てろ」。一丁前な犬が気取って吠えやがったセリフだ。


レコードで捉えるとここでA面終わり。裏返したらまた明日。 

 


drecom_eroom5session at 09:51|PermalinkComments(0)

August 03, 2018

永遠 '18


体内時計は永遠に故障中のままに迎える8月、夏はシタリ顔にて継続中。スマートとは程遠い電話機が律儀に警告をくれやがる、「原則、運動は禁止」。 

永遠に行方不明かに思われた恋人が心の扉をノックした7月の末、オレだってシタリ顔にて猿小屋に閉じ篭りいまだレコーディングの準備を進めている。「進めている」といえば聞こえはいいが、机の前にへばりついているだけでは大して何も出てこない。

いや、捉え方を変えれば想像力が豊かで困っているともいえる。一曲のメロディの中に何編もの詩が浮かぶ。とっ散らかってまとめ方が分からない。すなわち、こういう作業は締切がないと永遠に続くって仕組みだ。

バンプオブチキンが唄う、「可能性という名の道が幾つも伸びてるせいで散々迷いながら何処へでも行けるんだ」。恥ずかしながら迷っている時はその一行がいつだって顔を出す。

頼むから「生産性がない」だなんて云わないでほしい。哀しくなる。オレは国の為に生きているワケじゃない。

何が正義で何が過ちなのかさえ定かでないまま、太陽はそんな事など知らん顔でいつだって本気だ。その純粋さがかっこいい。

「ずっとそのままでいてね」というヤツも居れば「いつまで宝探しを続けるの?」なんて愚問を投げかけてきやがるヤツも居る。

答えなら一つでいい、「永遠に」だ。

本日、一足先にトランクを神戸に向けて送った。忘れ物がない様に何度も中は確認した。郵便局では62円切手も数枚手に入れた。無論、
愛すべき誰かにいつでも思いついた時に絵葉書を送れる様に。

さて、郵便局から舞い戻り早速、トランクに詰め忘れてしまっているブツに気が付いた。巷で最もホットな二人組「海水パンツ&ゴーグルズ」のゴールデンコンビだ。

オールオーケー、捉え方を変えれば、詰め忘れたモノがマイクじゃないって点がイカす。この世は捉え方次第で元気にもなれば病気にもなる。そして、オレは別に泳ぐ為に行くワケじゃない。

兵庫県は竹野というまだ見ぬ海沿いの町で録音作業は行われる。想像するのは完全に細野晴臣キャプテンの「HOSONO HOUSE」とザ・バンドの「BIG PINK」だ。

エンジニアは小林琢也、敵には回したくないその男が云った、

「問題は、裏の土手を一時間に二回ほどディーゼル列車が通るって事だ」

詰まる話、シチュエーションは完璧って事だ。

オレは答えた、「問題はゼロ、そのディーゼル音こそむしろ録ろう」。

コトが巧みに運べば10月からは30本越えのロングトリップに繰り出す予定です。すなわち、準備ってのは永遠だ。

煩わしい事柄は根こそぎ排除して録音作業と「泳ぎ」に熱中したい。

トランクに詰め忘れてしまった以上、ゴールデンコンビは手荷物で持参だ。


 


drecom_eroom5session at 05:42|PermalinkComments(0)

July 30, 2018

DON'T THINK TWICE,IT'S ALLRIGHT '18


 猿小屋


昔々、今に比べてまったく酒に弱かった頃、新宿のライヴハウスのトイレに閉じ篭ってしまった事がある。なかなか戻って来ないオレの事を、当時よく一緒にいたジャーニーガールが律儀に男子トイレまで迎えにきてくれた、

「ねぇ、大丈夫なの?」。

オレは何喰わぬ顔立ちで個室を飛び出て早々彼女に云った、

「結婚してくれ。トイレでプロポーズってのは前例がないやろ?前例がない男ってのをずっと目指しとるワケやけど君はその点、一体どう思う?」。

紆余曲折あり、その話はトイレの水同様に流れた。それでいい。オレの思うクールは、誰かにとってはクズだ。しかし、その時に吐いた言葉だけは今もオレの脳内に残っている。

昔、上の写真を撮ってくれた今村"バンディーニ"竜也が吐いた数々の言葉は今も堂々とオレの脳内にインプットされていやがる、

「高哲典で居続けるってのも大変なんやな」、「君のライヴは見事に輩ばかりやな」「そんなガリヒョロじゃ、イチャモンつけるだけつけて直ぐにヤラれちゃうよ?」

すなわち、何気ない一言でさえ、言葉ってヤツにだけは終始敏感でいたい。呑んで記憶を失うだなんてモグリの最高峰だ。そんな勿体無い男にだけは強固なりたくもない。

何故、こんな事を突拍子もなく書き綴っているのかって事に特別な理由などない。あるとするなら、フジロックでのボブディランを観逃してしまったって事くらいだろう。「くよくよするなよ」(don't think twice)。

8月5日から始まるレコーディング合宿に向けてたっぷりと時間は取ってある。あくまで自然と言葉が降り注いでくる瞬間を今は待っている。贅沢な時間だ。

昨夜、どうにも火が点かず、敬愛して止まないタランティーノ大監督の「ジャンゴ」を久方振りに観返した。痛快さと言葉遊びに脱帽して興奮冷めやらず、「イングロリアス・バスターズ」さえ立て続けに観返してしまった。

上映時間5時間オーバー、学び直して教養を得た反面、オレはオレの事をやるしかないと思い直したAM07:57の出来事。

8月5日までに決めておきたい事柄が塵に如くある。2018を完璧に締め括り、2019の初詣でに胸を張って向かえる様に。




drecom_eroom5session at 03:05|PermalinkComments(0)

July 24, 2018

あつさのせい '18


 unnamed


太陽が本気だ。もはやヒール。かっこいい。オレはオレが思っているその291倍、夏が好きらしい。アイス珈琲をどうぞオレにぶちまけてくれないか。笑って「one more cup of coffee!」なんて答える様に努めるから。

頭の中がパンク状態なので、ここらで脳内整理も兼ねてランダムに吐き出しておこうと思う。

九州に向かう直前、四日市で会った事のあるミラーガールから突然絵葉書が届いた。それはカナダの国旗が書いてある絵葉書で、一言で云うと「私、今カナダなの!」ってな知らせだった。

最高だ。年間通して「フェイスブックとかってやってますか?」なんてよく問われるが、そんな事よりも「住所教えてくれない?」と聞かれる方が性に合う。「コイツ、ひょっとして絵葉書でも送ってくれるつもりですか?」なんて胸躍るから。

九州。御多分に漏れず毎日快晴。北九州のアレンギンズバーグ、下原元気と11年振りの再会。イカれ具合は健在どころか増すばかりで嬉しくなる。11年間の空白はジャスト2秒で埋まった。

ヤツが云った、「旅に連れ出してくれてありがとう」。オレが答えた、「一緒に旅してくれてありがとう」。最高だ。好きなモノが好きで嫌いなモノが嫌いだ。

熊本で髪の毛を切った。旅先で髪の毛を切るのが好きだ。街をほっつき歩き、美容室の類いを探し彷徨う。「検索」など絶対にしない。

「襟足と耳の後ろを9mmバリカンで。モミアゲは残して」。伝えた筈の直後、おーベイヴ!バリカンはモミアゲ部分から豪快に入れられた。その瞬間の鏡に映っているオレの顔はきっと素っ頓狂の最先端だっただろう。最高だ。笑えるなら何でもいい。

さて、近頃はまたポマードが手放せない。風に漂う「TWOFACE POMADE」の香りが真夏をより強く感じさせてくれる。気品ある香りだ。そいつを付けたままよく眠ってしまう。目指すのは永遠のベッタリボーイだ。

九州直後、西日本豪雨のチャリティイベントに出演した。大分辺りに居る時に突然連絡が来て、断固二つ返事で快諾した。

チャリティなんて柄でもないが、いざやってみると嬉しくて火が点いた。普段と違う感じにしようと出番前から呑みまくり、気付けば今村竜也のステージに乱入しては苦手な筈のコーラスさえキメていた。

ところで、オレ自身のステージはお世辞にも褒められたモノじゃなかった。あんなステージをだらだらと続けるくらいならオレは潔くとっとと引退の道を選ぶだろう。

しかしあの日のテーマはハッピーだった。文字通りハッピーな夜だった。抱き締めてほしかったし、抱き締めたかったってな夜だ。

フジロックにボブディランがやって来る。昨夜から考えている事は日帰り弾丸で観に行こうぜって事だ。こんな時、スナック感覚で賛同してくれるヤツが居ればいい。

昨夜は勢い余ってグリーンステージとホワイトステージの距離がどれくらい離れているのかって事、そしてバスの時間まで「検索」してしまった。オレもまだまだだ。

明日は生まれてこの方初めて、ブルーノート東京へ行く。高級な珈琲でも注文してマークリーボーの音楽に身を委ねるって魂胆だ。郷に入れば郷に従え、ポマードとアロハシャツで行けばいい。

さて、8月5日から暫くの間、レコーディング合宿と称して兵庫県の山奥に籠る。籠る前に甲子園には御挨拶に出向く予定だ。

本気の太陽に挑む為に、トランクには海水パンツとゴーグルも詰めとこう。
オレはオレが思っているその291倍、夏が好きらしい。




drecom_eroom5session at 15:40|PermalinkComments(0)

June 30, 2018

2018.6.30の文章


寝ぼけ眼を引き摺ってエッシャー展を拝みに上野へと出向いた。落ち着きを取り戻す為、拝む前にアイス珈琲を飲んだ。無論、足だけで探し当てたモダン喫茶で。

昔、「ねぇ、アンタって珈琲で動いているの?」などと、さほど仲良くもなかった女が云った。いつだって900ml珈琲ボトルを持ち歩いていたからだ。

その言葉は今も受け取った言葉の中で上位に鎮座している。君の名は忘れても言葉はいつまでも頭の中にこびり付いているってな仕組みだ。

あと一ヶ月は続くだろうと踏んでいた梅雨が、なんともあっけらかんと姿を消した。クール且つスタイリッシュ極まる去り様に、逆に「梅雨」ってヤツが好きになってしまいそうだ。

さて、猿小屋には窓がない。デザインだけを重視して取り入れた照明は燦々たる光を放ちやがる白熱灯だ。熱い。暑いが7月を待たずして夏を気取れるとは断固気分がいい。回すレコードならカリプソがベストだろう。

一昨日、ブーツを磨きながらサッカー中継を見てみようと思った。批判を浴びていたゴールキーパーが根性のセーブを決めた瞬間には自ずと声が出た、「ファー!!」。

その瞬間を見たいが為だった。嬉しかった、その眉間に皺を寄せた顔が語る物語が。しかし、その後の展開には閉口した。戦略、次の為に、色々分かるが、その姿勢はこちとら風情には生理的に受け付けられないモノだった。そして最終的には嫌悪感さえ抱く結果となってしまった。

オレみたいなモンは白熱灯に照らされてカリプソでも回しながら、黙ってブーツを磨いておくべきだったのだ。

先程、懲りもせずテレビを点けてみたらロボットみたいなアナウンサーが吠えていた、「日本人全員で応援しましょう!」。

さて、「10-0で負けます様に」と何故か思ってしまうオレは少しどころか相当捻くれているのかも知れない。

明日から下半期に足をつける。予定はいつだって山積みだ。はっきりしたぜ、ロマンは甲子園と旅の中だけにある。「負けても次へ」だなんて、最も毛嫌いする「精神のオカマ」の思考だ。

とにかく夏の甲子園へと駆け込みたい。売り子も含めて、今に全てを賭けているあの純粋さこそが見たいし、オレだってそうであるべきだろう。

茶番劇はもう飽き飽きだ。オレは12月の終わりに、ポリシーに反するコトなく心底笑えているって事実だけを願って下半期へと突入したい所存。

今、ラムネを飲んでいる。梅雨が去り、季節は夏。



An important reminder fromBeechtown High School (2)
2018 九州フライヤー



 

drecom_eroom5session at 09:58|PermalinkComments(0)

June 13, 2018

the 与太話 '18


IMG_0425
 

思った以上にロックの日の余韻が強い今日この頃。唄いながら、5年間の事と今に至るまでの経緯を多々思い出していた。今を生きるってのはそういう事だろう。

この日のテーマの一つはCCOを困らせてやるって事だった。「忙し過ぎるで」って事で。

以前、CCOで【レッツゲットロマン】って企画を定期的にやっていた。6年前の夏、一度だけ入場規制がかかった事があった。

その時に首謀者が云った言葉が今も耳元にこびり付いている、「お前、呼び過ぎだ」。

一丁前にソールドアウトを謳うのは好きじゃない。何たってフタを開けてみるまで何も分からない。紙のチケットが事前に用意されているワケでもない。

2018ロックの日はその6年前を超えてやる心意気で挑んだ。好きな言葉はいつだって「新記録」であるべきだ。

結果は、そこまでは届かなかった。ライヴとは常に水物だ。それでも席はほとんど埋まっていた。高望みを捨てれば、ストレスはゼロの空間だった。

数字だけ数えれば、武道館アーティストからしたら論外な数字かも知れない。バット、人はいつだってやれるべき事をやるべきだろう。

極端な話、たとえば仮に武道館を埋めたとて、オレは次の日にはどうせこうゴチるだろう、「東京ドームは無理なの?」。東京ドームが埋まれば「ウッドストックみたいなのはどうなの?」。ロマンに際限などない。

そして何より重要なのは「質」で、自分が自分であり続けるって事だ。余韻が強く残る一夜をありがとう。

やり残した事がまだあるもんやさかい、簡単には死にたくない。そして話の通じない気狂いに殺されるのだけは真っ平御免だ。

さて、7.10までライヴがない。この一ヶ月間でやるべき事は、欲という欲を根こそぎ制作意欲のみに集中させ、今ある曲と詩の断片をまとめ、8月から神戸の山奥で行われるレコーディングに備えるって事だ。

エンジニアを務めていただく神戸の小林琢也が云った、「猿小屋別荘って名付ければええやん!」、

ヤツも申年、人間とは
やれるべき事をやるべきだろう。

 

drecom_eroom5session at 08:55|PermalinkComments(0)

June 07, 2018

猿小屋ロマン '18


2018.6.9 フライヤー版

 
遂に2018のロックの日が近付いてきた。去年末から決まっていたこのダブルアニバーサリー。

東京ワンマンショーは去年12月のバースディタイム以来。今回はゲストもオープニングも無し。

御多分に漏れず、既に武者震いの類いに苛まれている悩ましきポッピン野郎このワタシ、

今月はなんとコレ一本との闘いだ。断固一ヶ月分、吠え踊り散らかしたい所存なんです。

ファーストアルバム発売日の2013.1.14、「猿小屋レコーズ」などと本格的に屋号を掲げた。最初は半分のハッタリと本気の心意気だけだった。お金の計算ばかりしていたし、それは今も何ら変わりない。

因みに「猿小屋」なる称号は、掲げるずっと前から自らの部屋の事を勝手にそう呼んでいた事に由来します。

随分反対もされたが、そこに関しては気取って横文字にしたり、凝った名称を付ける気は微塵もなかった。「猿小屋」こそがクールだと思っていた。

それは今も何ら変わりません。そしてこの5年間だけでも様々な仕組みとカラクリを学んできた。

街でオレの事を「あぁ、アイツか。猿小屋のな!」ってな会話が成り立ったりする。ソレって最高に痛快だろう。それでもって、更に痛快に出来る方法を常に思案しています。

2009.1.14、初めてCCOのステージで唄った。ゲストもオープニングも無しのワンマンショーだった。その時にいただいたギャランティでギター型のネックレスを手に入れた。

そのネックレスは無論、今もオレの首元にぶら下がっている。

1.14という共通した日付、CCOと猿小屋の関係性についても当日、語り明かしたいと思っています。

ハッピー極まる事に予約数は既に定員数を突破しています。バット、キャンセルってのは常に悩ましき賜物であるが故、受付は当日まで続行します。

椅子は35席、それ以降は立見になります。19時からは愛しのロッキンガール、Tattaがロックの日にまつわる小粋なレコードを次から次へと回しているので、早めの来場をお待ちしています。

何処かの街で会った人達が、突然何の前触れもなく現れてほしい。その瞬間こそロマンでしょう。オレはどうやら多くを望み過ぎているけれど、ロマンには常に従順でいたい。

とにかく何でも自分でやってみるって事だ。やってみて初めて気付く事が塵の如くある。

火は常に点いている。しかし、燃やし過ぎると知恵熱が出やがるって仕組みだ。

オールオーケー、抜群の火加減で楽しもうぜ、ジャングルライフ。

敬具。




drecom_eroom5session at 09:11|PermalinkComments(0)

April 13, 2018

2018 ロックの日


Anniversary!


下北沢にCCOという店がある。今や、もう随分と付き合いも長い。この店での様々な出会いがなかったら、今のオレはまるで別の場所に居たかも知れない。

初めてこの店に出演したのは2009年1月14日。オレにとっても多分、初めてのワンマンショーだったと思う。

その時に貰ったギャランティを何か特別なモノに交換したくて、ギター型のネックレスを買った。そのアクセサリーは今も無論、オレの首にぶら下がっている。

その後、何度かライヴを重ね、親交を深めていたある日、当時の首謀者から「今から来い」と突然電話がかかって来た。

バンドでのレコーディングの話だった。そこには首謀者と当時の店長とオーナーも居た。あのソファでの会話は今も鮮明に憶えている。候補に挙がっているバックミュージシャンは百戦錬磨の凄腕ばかりだったし、状況を把握するまでにはかなりの時間を要した。

オレは素っ頓狂な質問を繰り返していた、「そういう話は他の出演者にもするんですか?」だとか「何故オレが?」だとかヌカしていた。

返事は「お前は馬鹿か?」だった。嬉しかった。

2013年1月14日、そのバンドレコーディングでの曲、他にも録り貯めた曲を収録した「ダンス・ウィズ・ザ・ドキュメンタリー」を出した。

それを機に、以前から名乗っていた「猿小屋レコーズ」って名を一気に全面に押し出す事にした。

「ダサい」「止めとけ」「馬鹿らしい」、色々な意見があったが、ありきたりの気取った名前は嫌だった。そして今、猿小屋といえばせーのでオレの名前が挙がるってな仕組みだ。ラッキーだ。

初めてCCOに出演した日から丸4年が経っていた。因みに「1月14日」ってのはお父さんの命日だ。拘りはいつだって頭の中にある。

さて、2018年のロックの日は、実は去年の末から既におさえてあった。

CCOは6月で11周年、オマケに猿小屋は5周年。ダブルアニバーサリーとしておさえるべき日付は6月9日でキマりだ。

当初、あれこれと色んな企画が頭に浮かんでは消えたが、結局は完全なるワンマンショーで演らせていただく事に落ち着いた。

CCOのステージに上がるのは何と丸2年振りです。首謀者も当時の店長も今は独立してそれぞれの店を構えています。しかし、オレにとってはまず「CCOがあってこそ」です。

チケット料金は出来るだけ控えめに設定しました。その分、沢山呑める様に。

ロックの日、沢山遊びに来て下さい。

DJはTatta、猿小屋からも沢山レコードを持って行きます。パーティしようぜ。

敬具。

https://akinoritaka-new-hip-moderns.jimdo.com/


 


drecom_eroom5session at 04:59|PermalinkComments(0)

April 06, 2018

風来坊ソング '18


19の頃、「馬鹿は相手にしないのさ」というタイトルの曲を唄っていた。

「腐り切った馬鹿共が俺の前をウロウロとしてんだ。面倒だ。馬鹿は相手にしないのさ」というサビだった。ソレを未だに時折、口ずさむ。

四日市、名古屋を経ての関西デイズ、計12日間の旅を終えた。ハイライトが多過ぎてまとめる術などない。

「話題には事欠かない男」、ソレが生きるテーマだ。その12日間の出来事だけでも一冊の分厚い本が出来るだろう。

その中で新たに出会えた人間達、旧知の仲間の中に馬鹿は一人もいない。いや、俺も含め皆底無しの馬鹿なんだろうが、馬鹿の種類がてんで違う。

すなわち、その中に、「いただきます」もロクに云えん様な馬鹿は一人もいないって事だ。

静かに喋っている時も、バァーと捲し立てている時も常に言葉は溢れている。

会いたい人間が沢山いてくれるからこそ生きていられる。 

昨夜、敬愛する加川良大先生の命日で、下北沢で行われたトリビュートライヴに出向いた。

ラストのラスト、加川良生涯ラストライヴになってしまった日の、最後のアンコール曲の音源が会場で流された。勿論、本人もそれが人前で唄うラストになるとは思ってもいない、博多での音源だった。

周りからはすすり泣く音が聞こえてきた。オレだって泣こうと思えば存分に泣けたが、ソレより「なんでくたばりやがった!」ってな気持ちの方が強かった。

オレにもいつかはそんな日が来るだろう。ソレは間違いない。

2018、オレみたいな馬鹿でもやれる事は全てやろうと思う。常に八歩先の事を考えている。

次は怒濤の北海道15デイズ、ソレがたとえラストになったとしてもやるべき事はやる。

馬鹿で独自で粋で気狂いでクールな人間が好きだ。



 


drecom_eroom5session at 22:39|PermalinkComments(0)

March 16, 2018

ヘアースタイルブギ '18


IMG_0036-1


 遂にパッケージングまで完成した。最終作業中はプレス確認も兼ねて、永遠のリピートで回していた。ジェニーのチープヒップなラジカセから唾が飛んできている様なサウンドだった。

今、刷り上がった歌詞カードを読みながら最終×最終の確認をしていたら、誰にも気付かない様なミスを二ヵ所見つけた。細か過ぎる部分を含めればハニー、なんと五ヵ所もあった。眉間に皺を寄せてあれだけ確認したってのに。

きっと、完璧ってのは来世でも無理なんだろう。

でも心配はない。ホクロの位置が0.05mmほど下がったとて誰も気が付かないってなレヴェルのミスだ。

胸躍る疲労感だ。あとはトぶだけ。そして今は中途半端に刈り上げてしまった髪の毛にどうオトシマエをつけるかってのが課題だ。

予定通り、明日から発売します。

そして次は初の三重から名古屋、関西へ飛びます。

愛しの神戸では次へ向けたレコーディングも行う予定だ。

そう、髪の毛など八の次でいい筈だ。


'18.3.16(金)

【Laguna & ジェニーpresents <EVIL vol.8>】

東京 / 下北沢ラグーナ


Jenny & Akinori Taka

木杉建太朗

藤原健人

今泉まな

鈴木実貴子ズ(名古屋)


OPEN 18:10 START 18:40

ADV ¥2000(+1d) DOOR ¥2500(+1d) 




drecom_eroom5session at 04:39|PermalinkComments(0)

March 15, 2018

the style's セルフライナーノーツ,


unnamed-1


the style
Jenny & Akinori Taka

1. ヘアースタイルブギ(19)
2. 友達
3. 憂鬱のど真ん中
4. トップオブザワールド
5. 詰め込んでよ

Vo&Ag&Eg&Hp&Cho / 高哲典-Akinori Taka- 
Ag&Eg&Vo&Cho / ジェニー

Recorded at 猿小屋
Produce&Engineer / 高哲典-Akinori Taka-

Jacket Design / 
Ryota Miyasho & 
高哲典-Akinori Taka-
(
inspired by "the sting"


★レッドヴィニール盤仕様 

猿小屋レコーズ (SGRC-0004)
¥1000_(with tax)

 


初めてセルフライナーノーツってヤツを書いてみる。
俺は、偉人の古いレコードを回しながらライナーノーツを読むのが何よりも好きだ。雰囲気が伝わってくるから。
なので、これを読みながら「the style」を聴いてほしいという願いを込めて残しておきます。



1, ヘアースタイルブギ(19)


Vo&Ag / 俺
Ag&Cho / ジェニー


元々は19歳の時に書いた曲で、それで(19)と足した。歌詞は東京に挑む為だけに稼ぎまくっていた頃、周囲の浮ついた連中に皮肉を込めて、捻くれた胸中で書いた。それを今の俺が唄い、マイナーコードを得意とするジェニーがギターを弾くというスタイルで試してみた。ジェニーには「テーマは昭和歌謡且つ演歌、そしてコミックソング風で茶化す雰囲気にしたい」と伝えた。歌詞は恥ずかしい部分もあるがわざとそのまま唄った。手拍子を加えて皮肉感を煽り、ジェニーのコーラスでファッキン感を煽った。ほとんど録り終えた状態のモノをジェニーと聴き返し、「どう?これ、果たして意図したテーマは伝わるんか?」と聞いたら、「いや、マジメにかっこいい」と返ってきた。これは俺にとっての歌謡曲だ。結果、一曲目になった。一人ではやらないが、二人でやると楽しい。


2, 友達

Vo&Ag&Hp / 俺
Vo&Eg / ジェニー


ジェニーと知り合った頃、ヤツが適当に唄ったデモテープを猿小屋に持ってきた。その中にこの曲があった。「歌詞を書き直して共作にしよう」と提案した。直ぐに歌詞が出来た。シンプルな歌詞で、新しい友達(ジェニー)と、久しく会えてない友達の事を思って書いた。オーバーダビングはなるべくしたくないと思っていたが、陽気な感じに仕上げるべくギター四本、そしてハーモニカを吹きまくった。このアルバム中、一番トラックを使った曲になった。これも一人ではやらない。二人でこその曲だ。


3, 憂鬱のど真ん中

Vo&Ag / ジェニー
Eg&Cho / 俺


「これは二人の名義で発売するアルバムだから、ジェニーの曲も用意してくれ」と伝えて、ジェニーが持ってきた曲。俺は普段弾かないエレキギターで普段やらない事をやるべく、ジェニーのグレッチを歪ませてボトルネックで実験したり、カッティングを入れたり、色々と試してみた。それらを入れた仮バージョンを聴き返したら、全てが不要に思えてジェニーに聞いた、「おい、このギター要るか?」。ジェニーは「これもええで!」と云っていたが、俺はただの目立ちたがり屋のあん畜生にはなりたくなかったので、控えめなカッティングだけを録り直した。新鮮な体験だった。


4, トップオブザワールド

Vo&Ag / 俺
Eg / ジェニー


年明け一発目の二人でのライヴの際、この有名なカーペンターズの曲をカバーする事にした。無論、歌詞は日本語で書き直した。原曲とは視点を変えた男女の物語として。快楽に溺れた男の生き様として。この歌詞が出来た時、「ライヴが終わったらちょっと遊びで録音でもしてみるか?」とジェニーに伝えたのが全ての始まりだった。俺もリハビリをして感覚を取り戻したかったし、それにはうってつけの曲だと思った。ところがやり出したら遊びで終わるワケもなく、気が付いたらジェニーのギターを録るだけで6時間以上かかっていた。「あーもう一回」「いや、それは違う」「もっとこういう間で」とか繰り返していた。猿小屋で全てを録ると決め、その時にジャケットのイメージも脳内では仕上がっていた。「これは忙しなるで」と笑った。締切を3月に定め、突き進む事にした。


5, 詰め込んでよ


Vo&Ag / 俺
Ag / ジェニー


曲が山ほど録り貯めてあるレコーダーの中にこの断片があって、発掘した。詩はなく、適当に唄っていた。頭の中のジュークボックスについて。偉人は死んでも、残ったレコードに針を落とせば一緒に歌えるって事について。「君にも分かるかな?」って事をテーマにしたかった。しかし完成しないまま、歌詞カードの入稿期限が過ぎようとしていた。朝までには入稿と迫った真夜中、歌詞を悶々と考えていたら、突然サビのメロディが新たに降ってきた。そこで一気に広がり、急に加速して完成まで持ち込んだ。入稿画面の空いたスペースに歌詞を埋め、朝方にそのまま入稿した。あんなやり方は初めてだった。興奮した。そして、歌を録音したのが3月12日だ。


----------------------------------------------------------------------------------------------------


そして今は3月15日。丸2ヶ月が経過したらしい。当初、音の善し悪しなどはどうでもよく、ただダイナミック且つチープで粋なナチュラルサウンドを目指しました。

PC利用無しのアナログ手法、L-Rの振り分け具合からマイクの違いまで、この文章を読みながら聴いてもらえたらまた違う楽しみ方も出来るんじゃないかな。音楽の楽しみ方など千差万別。

俺はスピーカーの前で腕組みして、出来てくる曲を確認しながらジェニーに何度も問いました、「ところでジェニー、こんな聴き方で、こんな細部まで聴くリスナーっておるんか?」。


とりあえずの充実感はあります。しかし常に次の事しか考えられない性分なので、次の次の次くらいまでは既にイメージがあります。

楽しもうぜ、ジャングルライフ。年末にまた笑える様に。敬具。


 

drecom_eroom5session at 11:43|PermalinkComments(0)

March 12, 2018

答えをくれ '18


The Style


かれこれ同じ曲を、もう2000回以上は聴いている様な胸中だ。

昨日オーケーだったモノが今日にはボツになり、もはや何がクールで何が素っ頓狂なのかさえ定かでない始末。

壊しては作り、作っては壊して、いまだ完成とは声高に呼べない有り様。

こんな事を繰り返していたら、永遠に完成の日はやって来ないだろう。そしてオマケにオレはこう思っている、

「もう一回、唄を録り直したいな」。誰にも気付かない部分でオレだけが拘っている。

エンジニアの職人ですら云っていた、

「そんなモン、答えなんかないで」。

天下の大瀧詠一大先生が「20th エディション」だとか「30th エディション」だとかと銘打って、同じアルバムをリマスタリングしていた理由が今こそ分かる。

だいたいが、蓄えた髭を0.5mm短くしたとて、ほとんどの他人が気付かないのと同じだ。ほとんどが「ここが変わった」と云われて初めて気が付くってな話だ。

今日は盤面印刷を並行した。これはジェニーに任せた。その傍らでオレは怒りに震えていた、答えがないって事に。

ジェニーからはとっくにオーケーが出ている。「これでいいじゃん」とヤツは云うが、「もっと行ける」と一丁前にヌカしているオレがいる。

気分を変えようと、伸びてまとわりつく邪魔なモミアゲを根こそぎ切り落とした。

やりだしたら収集がつかず、バリカンを取り出し、まとわりつくファッキンな部分を刈り込んだ。

長いのもいいし、短いのもいい。ローが強いのもいいし、ハイが効いているのもいい。

すなわち、好きにやるってのが答えになるんだろう。

書き出したらキリがないので、最後にジェニーさんが書いた「憂鬱のど真ん中」って曲の唄い出し部分を残しておきます、

「見失う行く先、アンタは迷子」

いい事云うぜ、ジェニーボーイ。

 


drecom_eroom5session at 10:00|PermalinkComments(0)

March 11, 2018

オーケーをくれ '18


9x9


年が明けて早々、相棒のジェニーに云った、

「ちょっとスナック感覚で録音でもしてみるか?」 、

それこそが全ての始まりだった。

神経質が服着て歩く男このワタシ、スナック感覚で終われる様な作業じゃないって事は始めから分かっていた筈だ。

録音、制作、仕入れ、デザイン、発注、受注、販売、レジ打ち、全てを一人でこなすには到底無理がある。

今日に辿り着くまでに至り、レコーディングエンジニアの職人、ライヴPAの職人が口を揃えて云っていた、

「餅は餅屋」に頼め。

レコーディングエンジニアはライヴPAをやらないし、ライヴPAはレコーディングエンジニアをやらない。

そしてオレの最たる役割は何かって事は存分に分かっている。曲を書いて唄う事「だけ」でいい筈だ。

あれからジャスト2ヶ月、気付けば今日は3.11。いまだ1日に何時間費やしたとて光が見えず、勉強しても、いくら勉強しようが、オレってひょっとして「今世紀一のノータリン」なのかもなどと不貞腐れては嘆く始末。

自らに課した締切はとっくに過ぎている。そして終わりはいまだ見えない。今直ぐ餅屋を呼びたいが、まずは自らが全ての労力を知っておくべきだとも思っている。

天下の山下達郎大先生が仰っていた、

「オーケーなんか出した事がない。1分1秒まであがく人間なので。もう締切ですと云われて諦めるだけです」。

スナック感覚で録って、「気付けば世に出てました」ってのが理想だ。

書き出したらキリがないので最後の曲にして最新曲、「詰め込んでよ」の詩を残しておきます。

死ぬには早過ぎる、3.16に会おう。



ジュークボックスの中に詰め込んでよ

コイン集めて奴を蘇らせる
 

君も分かってくれたならいいな

光集めたら夜も怖くない
 

コーヒーショップのマッチで灯した

部屋に揺れる光の向こう側で奴が回ってる
 

遠く遠く離れても時々思い出す

遠く遠く離れてても距離は感じない
 

ジュークボックスに詰め込んでおけよ

心の奥底に忍ばせておけよ
 

埃払い磨いておくよ、共に唄える様に

君にも分かるかな

 



drecom_eroom5session at 10:14|PermalinkComments(0)

February 18, 2018

寸暇を惜しんで '18


IMG_9801


 何年か前、「何かしらの保険には入っておいた方がいい」という考えの元、あらゆる資料を読み漁っていた。

読んでも何の事やら、バロウズの小説以上に意味不明だったが、とにかく「死亡保証金」の額だけを凝視していた。

そんなある日、マイビッグマザーが云った、「アンタはなんで死んだ時の事ばかりを考えとるの?そういうのは普通、事故とか病気の事を考えて入るもんやで」。

この言葉には心底、目から鱗だった。オレは死んだ時の事ばかりを考えるクセがあるらしい。

「コレ、持って帰れば?」と、何枚もある中の一枚の写真が差し出された。京都にいた頃の3歳のオレらしかった。

ビッグマザー曰く、「なんでコレが今のこんなんになったんや?」だ。

少なからず築き上げてきた財産を後世に残したい、いつか産まれるんであろうオレの子どもに「ボクのファザーはとんだロクデナシだったが、こんなイカしたモノを残してくれた」なんて云わせてやりたい。

そんなワケで、一昨年くらいから血を残したいなどと一丁前に意識する様になった。やはり、死んだ時の事を考えるのがクセらしい。

そして無論、相手は行方不明だ。

まだ死なないでいてもらう為に、生き続けていただく為にと、気付けばジャスト2年振りに広島に帰った。 

安心した。死ぬ気配などまだ微塵もないって事と、その記憶力の正しさに。縁起でもない事を考えていた。

帰省中、本ばかり読んでいた。トムウェイツのヒップ極まる個性に彩られた与太話が羅列された本を。

ビッグマザーが云った、「スンカを惜しんで読書するんやな?誰に似たんや?」、

オレはスンカの意味が分からず問った、「何を惜しんでって?」。

「寸暇や。本読んどるのに知らんのか?」、

悔しかった。いつだって言葉には敏感でいたい。

東京に挑む為だけに稼いでいた19の頃、餓えて、草臥れて「バス停のベンチでもう死ぬねん」と云ったこの女に包丁を突き付けた事がある、

「オレはお前の為に働いとるワケじゃない。殺したろか」。

あの頃があって今がある。

「寸暇を惜しんで」今、書いている。もう誰も死なないでほしい。


 


drecom_eroom5session at 02:26|PermalinkComments(0)

February 10, 2018

記録 '18


年が明けた時、今年こそは毎日映画を観てやるなどと意気込んでいた。しかしそうは問屋が卸さないってのがこの世の仕組みだ。どうせ、あの世でもその世でもそうなんだろう。

寒いのはもういい。まるでワンパターンでセンスがない。タイトルなら「飽きてますよ、、、冬」だ。7inchシングルカットでいける。

こちとら、明確に夏が好きらしい。夏の真っ直中に「早よ冬にならんかな」だなんて矛盾の神様みたいな戯言は口にしない。

近頃は録音の事で脳内オーバーヒートだ。車の免許を取るだなんて来世でも無理だろう。

今はエロヴィデオを観ても「これはどんなマイクで録ったの?」などと聞きたくなる季節だ。

品がない話は嫌いだ。しかし事実だ。

「ワタシはエロヴィデオなんて観ません」などと涼し気なモテ顔でヌカす男は信用出来ない。

今年はずっとそんな胸中を抱えたまま過ぎ去るのかも知れない。神経はいつだって過敏だ。

何が正しいのか、ボクは善なのか悪なのか無なのか、それさえも定かではなくなっている。締切を決めて事に臨んではいる。締切がなければ永遠に作業は終わらないって仕組みだ。

テイクを重ね、これはいい、これもいい、いや、これは駄目だ、君はノータリンか、などと自問自答を繰り返す。しまいには「これ、歌詞から書き直そうか?」「こんな曲、ええか?」となり、またゼロから仕切り直しなんて事にならない為に締切とは必要だ。

持ち前の実験精神を駆使して二本組のチープ且つモダンなコンデンサーマイクを手に入れた。 

相棒のジェニーが三千円くれた、「カンパするぜ」。粋な男だ。


先日、年が明けて初めて外に呑みに出た。話す内容は無論、音楽の話だ。

結局のところ、音楽文化にまつわる話をしている時が何よりも胸躍る。結婚だなんて来世でも無理かもな。

何しろ映画は後回しだ。自らの仕事が先だ。

 


drecom_eroom5session at 07:26|PermalinkComments(0)

January 30, 2018

ドリップデイズ '18


オレは今、久方振りにロバートジョンソンのレコードへと針落としたところ。

ジャケットの下には「1936年、ホテルの一室で録音」などと英語で書かれている。

はて、2018年を生きているオレは何をやっているんだろうってな心持ちにもなってくる。

冬が本気だ。寒いのとドンクサイのだけは嫌いだ。

雪が降るという予報が出ていた日の明け方、一日だけぶっ倒れた。冬の勝利なのかと思われたが、冬以上にオレだって本気だ。

15時間後、ようやく立ち上がり、窓を開けて外を確認し一人ごちた、

「オーシット!」。

近頃は猿小屋に閉じ篭っている。様々な実験をし、勉強には余念がない。

昔、息抜きに料理をしたり洗い物をしたりする人達に憧れていた。

集中するだけ集中して、ソレがようやく一段落した時に台所に立つだなんて正気の沙汰ではないと思っていた。

しかし2018年、何とこのオレもその感覚を完全に身に付けつつある。

スナック感覚で台所に立ち、珈琲をドリップし、ピッツァトーストなどをこんがりと焼き上げる。

それから作業を再開し、また集中力が途切れたなら洗い物をする。それからニヒルなあん畜生、冬に勝つ為のホットな味方、柔らかな武器、数々のニクい称号を独り占めして止まない「湯豆腐様」を拵える。

そんなこんなで知らん間に1月が逃げて行く。今やっている事は近々、全て実を結ぶだろう。

布団に深く沈み込み、西村賢太の本を読みながら眠るのが今の楽しみだ。

 


drecom_eroom5session at 11:12|PermalinkComments(2)

January 17, 2018

ブラザー '18


猿小屋の目の前、やけに背の高い黒人が道行く日本人に向けて叫んでいる、

「excuse me!
excuse me!」。

それを無視して素通りするあん畜生達、それは何も「黒人だから」ってワケじゃない。ヘルプに答える自信がないからに他ならない。

困った時はお互い様だ。オレだって何度も異国の地で見知らぬ人間達に助けていただいた経験がある。

オールオーケー、その場に偶然お出まし果敢に近寄る英語力からきしゼロ野郎このワタシ、解決出来ない場合には最も得意とする「sorry! I don't know!」の一点張りで切り抜けるって魂胆で挑みにかかる。

「ブラザー!どしたん?」

ヤツはスマートとは呼べない機器を見せつけお構いなしの捲し立て英語でヌカす、

「すなわち、このバーに行きたいってワケなんだ」。

さて、そのスマートとは呼べない機器を断固スマートに取り上げ場所を確認する。

目的地のピンが立てられた場所、それは紛れもなく猿小屋のど真ん中だ。しかし、猿小屋が入ったビルにそんなバーはない。

「ブラザー、確かにこれは此処だ!しかし此処じゃないで!」とか何とか生粋の日本語でホザき再度画面を確認する。そんな時、ヤツは無論、純粋な「ホワッツ顔」だ。

間髪入れず告げる、

「おー!分かったぞ!これ、ピンの位置間違っとるで!な?この機器、スマートとは呼びたくないよな!ブラザー、この機器に相応しい名称一緒に考えようや。ところでオレ、今からライヴなんよ。来んか?ソウルミュージックって日本にもあるけぇ」とか何とか伝える英語力などからきし皆無野郎このワタシ、

ヤツを「アーイエー!」の一点張りでそのバーまでエスコートし辛うじて告げる、「this place!」。

そこまでずっと英語だったブラザーが去り際にオレに云ってくれるであろう言葉はやはり「thank you!」しか考えられないと踏み、返す言葉なら「no ploblem!」のみでスタイリッシュにキメようと思っていた。

目的のバーまで辿り着き、ブラザーは握手を求めてきた。その手を固く握り返した時、ヤツは生粋の日本語で云った、

「アリガト!アリガト!」。

不意打ち極まる日本語に「no ploblem!」って単語さえ吹き飛び叫んだ、

「アーイエー!」。

スタイリッシュってのは所詮、いつまで経っても板に付かないって仕組みなんだろう。

その直後、オレはステージで唄っていた。辿り着いたバーで小粋に呑んでいるであろうブラザーにも向けて。

「考え事をしてるからあんまり話し掛けないでくれ。だけど道を知りたいならいつでも俺に聞いてくれ」。

オレだって人として誰かの役に立ちたい。

無論、役に立てない場合は
「sorry! I don't know!」、

人として、旅は続く。


 


drecom_eroom5session at 11:23|PermalinkComments(0)

January 08, 2018

浪漫 '18


オレは今、ウェスモンゴメリーからフランスギャルへとレコードを取り換え、針落としたところ。

「猿小屋」を銘打って2018.01.14で5周年。2013.01.14、「ダンス・ウィズ・ザ・ドキュメンタリー」の発売日。

01.14、それはお父さんの命日。あれが何年前の事だったか、今は思い出せない。

お母ちゃんからは年賀状が届く、「健康で平穏な生活が出来ます様に」。

今、存在する暮らしが一体いつまで続くんだろうかと、毎日毎日思っている。

フランスギャルが亡くなったらしい。バット、オレの中では永遠の10代。今後も生き続けていただけるに違いない。

久方振りに来月、ドサクサ紛れに福山へ帰る事にした。手ぶらで、本とメモ帳だけ携えて。

近頃は飛行機が安い。バスよりも安い。時代は変わり続けているらしい。

面白いのが下北沢から成田空港までが電車&バスで一時間四十分、成田から広島空港までがフライト一時間四十分、広島空港から我が福山スゥイートホームまでがバス&バスで一時間四十分って事だ。

何が何だか皆目見当もつかないが事実は二つ、オレは今、日本に居るって事と、お母ちゃんは今も其処に居るって事だ。

知らん間に髪の毛は伸び過ぎた。モミアゲは鼻に入れてもお釣りがくる。

今日なんて日はヘアゴムを買った。バナナチップスと一緒に。

お母ちゃんは云うだろう、

「アンタ何考えてんねん!ま、健康ならよろしいわ」。

「平成」って元号が2019から変わるだって?

オレは昭和、平成、その次を生きる輩になれるらしい。

ならば次は「浪漫」で決定でどうだろう?

「浪漫一年」、なんて刻まれた一円玉は使う事すら惜しくなる一品になるだろう。

ほんま、よろしいわ。

 


drecom_eroom5session at 05:53|PermalinkComments(0)

January 04, 2018

the bowling-strikers '18


IMG_9668


 何時間もTVの前に座っているのは不可能な性分であるが故、料理をし、珈琲をドリップしまくり、ギターを弾いていた。

三が日はスーツしか着ないと決めていた。実行した。寒かった。

無論、ネクタイは無しだ。煙草を買いに行く時も、電気屋を冷やかす時もスーツだ。

身が引き締まる。見方によってはただの馬鹿だ。どうでもいい。

真夏でも意地で革ジャンを着続けている心意気溢れる男女をたまに見るが、ああいう人達って最高だと思う。オレにはとても出来ない芸当。

「かっこ悪くてかっこいい、気持ち悪くて気持ちいい」、コレを地で行き貫くさすらいの精神には脱帽します。

年が明け、近くの酒場を流れ歩き、男にキスされ、し返し、そのまま初詣でに向かい、大吉を引いて集合写真なんて撮る。

映画を観まくり、落語を聞き、皿を洗い、そしてカーペンターズばかりを口ずさむ。 

頭の中を完璧に整理し、何が必要で何が不必要なのかって事を整頓する。

まず今、最も必要なモノは大量の珈琲豆だ。

「今年も宜しく!」云う前に、宜しくしていただける様にするのはまず自らの力量だと思っています。

2018、懲りもせず何処にも存在しない自らだけのストライクを狙い続けるしか道はないでしょう。

平成30年だって?最敬礼。

 


drecom_eroom5session at 00:06|PermalinkComments(0)

December 30, 2017

あとがきのようなもの '17


IMG_8555


2017。それなりに、オレなりに過酷なロードレースだった。

毎年毎年、猫でもゴキブリだってそうだろう。

苦笑、失笑、大爆笑。つまりのところ、笑い続けていた。

去年の今頃は既にアメリカ再訪を決め、そして身体はぶっ壊れていた。

「ぶっ壊れたままでゴー」、ここ何年間も掲げてきたテーマだ。

寝込むなんてオカマだと、今もそう思っている。

アメリカで最も耳にした単語は「exactly!」だった。あまりに耳に入ってくるので辞書を引いた、

「その通り!」って意味だった。

何時だって友達と呼びたい、呼ばせてもらいたい人間が必要だった。そう呼ぶのが恥ずかしい人間とは立て続けに関係を断ち切ってきた。

逆にオレだってそう思われてしまう事があるだろう。

無理して何かに合わせてみようとしたとて、所詮いつかボロが出るのは火を見るよりも明らかだ。

つまりのところ、重要なのはエチケットとポリシーを貫く事だ。

こんな時、返事は断固「exactly!」がいい。

先日、「勝手に忘年会」などと銘打って2017を振り返っていた。40時間くらい眠ってないままだったが脳内麻薬が完璧に調合された様な塩梅で喋り続けていた。

誰かが云った、脳内麻薬の方が効くんだと。

それが本当ならオレはとんだラッキーボーイだ、脳内だけで「所持」出来るってんだから。

何かに頼る前にまず一人でどこまで出来るのかを確かめる必要は何時だってある。

だからポリスマン、何時でもオレのところに遊びに来てくれ。ガムとハンカチくらいしか差し出せるブツはないが、両手を広げて協力は出来る。

2018。本を書きたいと思っている。10年以上前からそう思っている。

頭の中では物語が溢れ過ぎている。どうまとめて、どう具現化すべきなのかって事でとっ散らかっている。

タイトル候補だけは既にいくつもある、

「座らないモダンソファなんて倒してもらえないボーリングピンと同義だ」

「優しさとは蹴飛ばされた石の胸中まで察する心」

「革ジャンこそがロックの代名詞だと誰かが盛大に嘯くのなら君は革ジャン以外でロックを撃て」なんてどうだろう?

返事は強固
「exactly!」がいい。

感じた事のない感情を使い果たして死にたい。

2017の喜怒哀楽に脱帽。

最後に一言、「よいお年を」。




drecom_eroom5session at 18:37|PermalinkComments(0)

December 28, 2017

the AT's Blues '17


セブンイレブンから出てきたヘッドフォンをした外国人の男が絵に描いた様な財布の落とし方をして、そのまま気付かず去って行った。

世界中でその光景を見ていたのはオレだけだ。地面に落ちたソレを掴み取りヤツの左腕を叩いた、「ヘイ!落としちゃったな」。

ヤツはヘッドフォンをしたまま云った、「テンキュ!」

こんな時、「よいお年を!」なんて返せばスタイリッシュなのか、はたまた「何を聴いているんだ?どうせラジオだろ?」などとクエッションを投げればクールなアンサーが返ってくるのか、なんて思考している内にまた朝がくる。

12.13、下北沢ラプソディに「サムライ」って名の花が届いた。住所は秋田、差し出し名は「the Chabands」、そう、生きるとは茶番の連発。

サムライって花を見るのは二回目だ。横須賀で見たソレと今、猿小屋にあるソレだ。

花の育て方など美味いビーフストロガノフの作り方同様、てんで弁えてないオレが律儀に水を替え、匂いでも嗅ぎながら呟く、「ヘイ!サムライ、まだ枯れちゃ駄目だぜ」。

それでも時が来たならドライフラワーとして健在させる、なんてニヒルなやり口もあるらしい。

ドライフラワーを造るハウトゥなど組織の犬になるハウトゥ同様、てんで弁えてないオレが花の生命についてまで思考している年の瀬。

先日、久方振りにポリスマン三人に囲まれた。迷い込んだ宇宙人の様に見えたのかも知れない。

通行人のおっさんがオレを凝視していた。

恐縮そうに尋問する三人組にオレは断固協力の姿勢を示し、ヘラヘラと笑いながらポケットの中身を全て差し出した。

「いやーご苦労さんです!どうぞ!」

さて、最後にポッケから出てきたブツは残念ながらミントガムだった。

こんな時、「お手数をお掛けしました」なんて云いながら去って行く三人組の背中に吐くべき言葉はやはり「よいお年を!」なのか、はたまた「何も出てこんかったな!一人二万円ずつ頼むで!」なのか、なんて思考している内にまた夜がくる。

ところで、何を隠そう諸々のしょうもない契約の都合から、9月の末辺りからつい最近までまとまった収入が途絶えていた。

ようやく手にしたまとまったマネーで2017のツケを一気に片付けるべく、まだ払う必要のないモノまで先回りして、根こそぎ紙切れをキャッシュディスペンサーに捻じ込んだ。

調子に乗り過ぎた。そして、残ったモノはほんの僅かなマネー。

そいつでミントガムを買いに行こう。そう、スーパーミントガムを。

 


drecom_eroom5session at 07:08|PermalinkComments(0)

December 23, 2017

the AT's Holic '17


unnamed-7


昨今は何でもかんでも適当な仰々しい病名を付けて笑うのが流行だ。無論オレは今、「沖縄愛性早再訪障害」だろう。

アイツは「マニュアル遂行障害」、コイツには「酔狂裸体障害」、アンタって「拘り呪縛障害」、貴様なら「欲望全片付障害」、名付け出せば8億通り以上もある。51を超えたあたりで早々に数えるのはヤメろ、「無自覚当嵌障害」に陥るぜ。

恐ろしい漢字の羅列、立派な病と捉えるか手を叩いて笑うかは君次第だ。

自由であーれ!、おっと、コレはきっと「自由叶願依存障害」だろう。そう、読み方さえ不明だ。

遂にオレも襟を正し、ネクタイさえ締めたドクターになれそうだ。キリがない。もっと笑わせてほしい。 

沖縄のバンドメンバーとスタジオに入った。懐かしく、そして素晴らしい感触だった。本番では「サトウキビブラザーズ!」とかなんとか、軽々しい且つ甘そうな名を付けてメンバーを紹介した。 

バンドでステージに経ったのは北海道は釧路以来だ。左右、そして後ろでも各々が自らのパートに精を出している。スタジオに入ってからは早く見せたくてしょうがなかった。そう、「早よ見て障害」だ。

オレはギターも弾かずハンドマイクで椅子に飛び乗り、泡盛で酔いどれながら踊っている客席にマイクを向けながらバンドには視線と指で合図を送った、「もうしばらく演奏を伸ばしてくれ、もっと楽しみたいからな」。

なんて我侭なんだろう。一人では出来ない芸当だ。

さて、一日に291回くらい「サムイ」と吠えている間になんと年の瀬ってヤツが迫ってきた。今年はまだあのかの有名なキメゼリフ、「よいお年を!」をあまり吐けていない。1534回以上は吐きたいセリフなのに。

2017が幕を閉じる前に決めておきたい事柄が塵の如くある。振り返る前にまずやるべき事はただ一つ、2018を捉える事だ。

各方面に日程調整の連絡を入れれば、色とりどりな返事がある、

「ちょっと先過ぎてまだ動けません」然り、「5月辺りはもう予定が入ってます」然り、二つ返事の「オーケー!」まで様々だ。

早い話、何年もこんな作業を繰り返していればイヤでも気付く事がある。バンド然り管理然り、一人で全ては出来ないって事に。

「ありがとう」の更に上をいく新たな言葉を延々と探し続けている。

 


drecom_eroom5session at 08:28|PermalinkComments(0)

December 15, 2017

the AT’s 37


47BBAD03-9383-4259-AC45-F3D9E464BC71


‘17.12.13(水)
【レッツゲットロマンスペシャル
高哲典 -Akinori Taka- 37th バースディワンマンショー】

東京 / 下北沢ラプソディ

◆二部構成
◆ゲスト:鈴木羊
◆DJ : Tatta


♦ 一部

1. ロマンのど真ん中
2. 思い出を繋ぎ合わせて今を生きる
3. ラウンドミッドナイト
4. アウトローバカヤロー
5. ニューヨークサブウェイブルー
6. 夢の暮らし
7. スリッピン&スライディン
8. スモーキンシガレットの様に
9. 青空、ひとりきり - with 鈴木羊 -
10. 金もうけのために生まれたんじゃないぜ - with 鈴木羊 -
11. マーケットに春はない(can't buy spring) 

♦ 二部

1. 街の灯り
2. 手紙
3. ヘイトアシュベリー
4. メンフィスのバラッド
5. ルートスゥイートホームにて - with Jenny -
6. 風来坊ソング - with Jenny -
7. トレイントーキングブルース - with Jenny -
8. 30days - with Jenny -
9. 友達 -with Jenny -
10. 愛すべき日々

♦アンコール

1. 深夜高速バスブルース


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オレは今、沖縄にあるヤケに変な造りの宿の中でコレを書いているところ。

首謀者がプレゼントしてくれた忌野清志郎の「ロックで独立する方法」という本を読んでいた。

12.13、37歳になった。オレって本当に37なのか?胸中感覚はまるで17のままだ。

沢山の優しさに触れながら詩を唄い、そして根こそぎ活力に変える為に喋りまくった。古い仲間が会いに来てくれて朝まで笑った、「アンタ、何も変わってないね」。

そしてオレは今、気付けば沖縄にいる。今日は昼間から現地のバンドとスタジオに入る。まるでチャックベリーだ。あ、チャックはリハーサルなんて必要としないんだったな。

夜は大好きな浦添grooveで一人で演る。で、明日はこのバンドとステージで笑いたい。

経験を経て、オレは今、ようやく37年目を開始したところ。殺したいと思った奴等にも感謝を忘れたくない様な気分。

 


drecom_eroom5session at 09:45|PermalinkComments(0)

December 02, 2017

peace 171201


IMG_9585


遂にまた12月が来た。この流れのままにコマを進められれば、愛すべき大晦日さえ目前だ。

今、俺はようやく落ち着き、ジャズレコードをAからBへと裏返したところ。

2017、記録的に酷く哀しい年だった。裏切り、裏切られ、裏返り、裏返された様な気分。そして最後には残るべきモノが残った。

バット、そんなコトはもうどうでもいい。気狂いの様に笑い転げたコトも多々あったってんだから。

「ラジコンに興味をもってさ、走らせに海へ行くのが夢だ。頭に浮かんだコト全部、片付けて行け20代」などと、19歳時分は唄っていた。

サビの部分はこうだ、「昨日の涙、笑顔に変える、その為に今日を生きてる」。

タイトルは「やりたい放題」だった。

随分と青い且つ赤面もするが、「コイツ、特に変わらずここまで来てしまいやがったな」なんて今、苦笑いのままに思い返しているところ。

そして俺はなんと、大台の40代ってヤツに向かっているらしい。浮かんだコトを片付けるどころか、まだやれてないコトが多過ぎて、一生どころか二生費やしたとてどうやら追い付かない始末。

2017ショッキングニュースとしてまず上げるべきは加川良が死んでしまったってコトでしょう。

バット、どうでしょう?あの方は俺の中で今も完璧に生きている。埋もれてしまったミンガリングマイクの精神が今も完璧に生き続けているのとまったくもって同義で。

12月1日、ドサクサ紛れに生涯二着目のスーツを手に入れた。仕立て屋に行かずとも手に入るスーツ屋に駆け込み頼んだ、「コレの一番細いヤツある?」。

チャーリーパーカーが「俺が死んだらスリーピースのスーツを着せて棺に入れてくれ」と云ったとかいう逸話を聞いたコトがある。スーツはジャージ感覚で着てナンボだろう。

俺は今、嬉しくてソレを着たままにコレを書いているところ。

さて、最後に加川良の生き続けるべきトーキングブルースを一つ、

「よーし、それなら幸せについて答えてもらおうかい?」
「はい!マクドナルドでミスタードーナツに出会う事でしょう?」
「そうよ、フラワー、ピース、イッピー、ヒッピー、ハッパ、ラヴ」。

このウィット具合、脱帽はいくら繰り返して足りません。

旅は死んでも続く、探究心に限りなど皆無だってんだから。

 

drecom_eroom5session at 03:21|PermalinkComments(0)

November 23, 2017

the AT's Sun '17


5時起床。外は既に暗く雨が降っていて、オマケに寒過ぎる。

これが朝の話なら優雅にトースターで食パンでもきつね色に焼きつつ、そいつをホット珈琲で流し込みながら本でも読んで、

或いは録り溜めたダウンタウンを見て、日が昇る頃にはモーニングジャズでも回しながらついでに洗濯機も回転させ、

ブーツでも磨いて今日は何処と何処へ行ってあれもせんとこれもしとかんとなどとスケジュールを一つずつ着実且つ軽快にこなし、

日が陰る頃にはご苦労さんと肩でも組んで小粋に一杯キメたいところだが何をどうやっても巧みに事は運ばない。5時じゃない、17時だからだ。

優雅もきつね色も珈琲も全部すっ飛ばして町へと繰り出し、店が閉まる前にとスーツ屋とか服屋を回る。世間の都合と俺の都合はもはや完璧にズレている。

寒さ、雨、噛み合わない時間軸、発狂に値する三大要素を存分に兼ね備えながら練り歩く新宿、

アーガイルの靴下は何足あっても困らない」、そんな愉快な事を辛うじて考えながら寝ぼけ眼のままに舞い戻る猿小屋ジャスト22時。

これが朝ならなんとまだ10時なのに、などといくら不貞腐れたところで外は暗く、オマケに寒過ぎる。

それからようやく洗濯機を回し、モーニングジャズなどまるで聴く気になれず、ロックンロールもてんで気分じゃない。キマりだ、ラジオだ。

現在時刻06:16、いまだ小粋に一杯キメるには早く、それは完全に日が昇ってからの話になるだろう。

そして商店街がチンドンと賑わう頃、俺は取り残された背景の様に眠るだろう。そして起きたら、きっと17時。

こんな時、俺は誰にご苦労さんと云い、誰におやすみなさいを告げればいいだろう。

思うに近年、時差が酷過ぎる。進んでいるのか遅れているのか、ワイルドなのかスケコマシなのか、クズなのかチャーミングなのかも定かじゃない。

太陽は今日も行方不明だ。アメリカに行きたい。


P.S


先程、「母なる証明」という韓国映画を観た。正義とは何なのかを突き付けられる様なシナリオだった。
自分の事は自分にしか分からない。

俺は今も震えている。それはシナリオのせいで、寒さは関係ない。

 


drecom_eroom5session at 06:59|PermalinkComments(0)